妊活中に積極的に食べたい果物まとめ

妊活 果物

妊活中は、食べ物にも気を使ってしまうものですよね。果物の種類は色々ありますが、妊活中に食べるといい果物はあるのでしょうか?

ここでは、妊活中に食べたい果物についてまとめました。

妊活中に摂りたい栄養素は?

妊活中に食べたい果物をご紹介する前に、まずは妊活中に摂りたい栄養素をご紹介したいと思います!

たんぱく質

たんぱく質は、人間が生きていく上で必要不可欠な栄養素です。人間の体を作る栄養素ですが、筋肉や髪、爪などの他にも、卵子や精子を作る元にもなるのです。たんぱく質が不足していると、質のいい精子や卵子が作られにくくなります。

鉄分

鉄分が不足していると、血液の循環が悪くなることがあります。重度の鉄分不足になると、子宮や卵巣などの内臓に血液が行き渡りにくくなり、妊娠する確率が低くなってしまうことがあります。

亜鉛などのミネラル

亜鉛は、精子をつくる元になります。旦那様に積極的に食べてもらうようにしたいですね。

これらが、妊活中に摂りたい栄養素としてよく知られていますが、果物から摂れる栄養素も、妊活には欠かせないものばかりなのです。これは意外と知っている人が少ないかも知れません。

では、妊活に食べたい果物をご紹介します!

妊活に食べたい果物とは?

果物から豊富に摂れる、妊活に効果的な栄養素は、主に「ビタミンC」「ビタミンE」です。これら2つの栄養素は、抗酸化作用が強く、卵子や精子の酸化を防ぐ働きがあります。

では、これらの栄養素を含む果物を挙げていきたいと思います。

グレープフルーツ

ビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用に優れている果物です。また、葉酸も豊富に含みますから、妊活中の人にとっては嬉しい果物のひとつですね。生のまま、まるごと食べるとより効果的でしょう。

夏みかん

夏みかんは、ビタミンCとビタミンEの宝庫です。販売される期間は短いですが、積極的に摂りたい果物です。

りんご

りんごは「医者いらず」と呼ばれているほど栄養素が豊富です。ビタミンCを始め、繊維質やビタミン、ミネラルなども豊富に含まれています。どのシーズンでも置いてあるので、手に入れやすいのも魅力ですね。

さくらんぼ

さくらんぼは、何と体を温める効果があるのだそうです。
カロチンやカリウム、鉄分は果物の中でも突出して多く含まれており、実はかなり優秀な果物なのです。

いちじく

多くの繊維質やカリウム、鉄分、亜鉛などが含まれています。店頭で売られている期間が、ちょっと限定になりますが、是非積極的に食べたい果物のひとつです。

いかがでしたか?

果物にも妊活に必要な栄養素が豊富に含まれています。ただし、果物は体を冷やすことがあるので、たくさん食べ過ぎるのはおススメ出来ません。

また、糖分も高めなので太る原因にもなることがあります。おやつの代わりに食べるのがいちばんいいと思いますよ!

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ