妊活中の血液検査で何が分かるの?検査の種類も解説します。

妊活 血液検査

妊活中で、不妊治療をしている人の場合、必ず血液検査をされていると思います。

特に初めて不妊治療の病院に行った時に、血液検査の種類があまりに多いことに、びっくりした人も多いのではないでしょうか?

ここでは、妊活中の血液検査種類や、何が分かるのかなどについてまとめました。

不妊治療は血液検査だらけ!?

不妊治療をしている人は、病院の方針にもよりますが、毎月のように血液検査をする場合もあります。

例えば、生理中に、卵胞の発育を促すホルモンの値を調べるために血液検査をすることがあります。

また、排卵前には、排卵時に分泌されるホルモンの値を調べることで、排卵の時期をつかむために血液検査をすることもあります。

不妊治療の病院を始めて受診した人は、その人のホルモンの状態を調べる為、何種類もの血液検査をします。

ホルモン値は、血液検査をするのがいちばん確実なのです。また、ホルモンの状態はその時その時で違うため、周期ごとに血液検査をする病院もあります。

妊活は、まさに血液検査だらけなのです。

妊活中の血液検査の種類と分かること

では、妊活中の血液検査の種類と、それにより分かることについてまとめました。

エストロゲンの検査

卵胞ホルモンである、エストロゲンの値を検査します。
エストロゲンは、卵胞の成熟を助けたり、子宮内膜を厚くする働きがあります。
月経中に実施される場合が多いようです。

FSH(卵胞刺激ホルモン)・LH(黄体化ホルモン)

下垂体から分泌される、性腺刺激ホルモンです。FSHは卵胞の成熟を促し、LHは排卵を起こします。

不妊治療の病院を受診した、最初の月経中に行われることが多いですが、体外受精の場合は排卵誘発法を決める為に、FSH検査は毎回行います。

LHは、多くの病院で排卵前に行われます。尿検査の場合もありますが、血液検査のほうが確実でしょう。

プロラクチン

乳汁の分泌を促すホルモンで、分泌が多すぎると排卵障害になる場合があります。この検査は、月経周期を問わず検査出来ます。

甲状腺ホルモン(T3・T4・TSH)

甲状腺ホルモンの分泌に異常がある場合、無排卵や月経異常の原因となる場合があります。もし異常が認められた場合は、薬を服用し続けることで治療出来ます。

テストステロン

男性ホルモンです。

この値が高いと、排卵障害があったり、子宮内膜が十分に厚くならないなどの原因になる場合があります。この検査も、月経周期を問わず検査出来ます。

プロゲステロン

子宮内膜を維持する働きを調べる検査です。こちらの検査は、排卵1週間後頃に行う病院が多いようです。この値が低いと、黄体機能不全の可能性があります。

負荷検査

下垂体に負荷をかけ、FSH、LH、THSなどの値を調べます。この検査は、毎回行われることはありません。

いかがでしたか?

血液検査だけでも相当な種類があることがお分かり頂けたと思います。ただ、ほとんどの検査は、毎周期行われることはないので安心して下さいね。

行うかのどうかは病院によってかなり違うので、一度聞いてみることをおススメします。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ