妊娠初期の鉄分不足におすすめのサプリメント

妊娠初期 サプリメント

妊娠すると、胎児に鉄分を送るために、非妊娠時よりもたくさんの鉄分を必要とします。それは一体どれくらいの量なのでしょうか?また、妊娠初期におすすめのサプリメントはどのようなものがあるのでしょうか?それらのことについて、お話しさせて頂きます。

スポンサーリンク

妊娠初期に必要な鉄分の量はどのくらい?

妊娠中は非妊娠時に比べて、摂らなければならない鉄分の量が多くなります。それでは、一体どのくらいの鉄分が必要なのでしょうか?

非妊娠時では、成人女性で1日あたり10.5mgの鉄分が必要です。妊娠初期ではこの約1.4倍の量が、中期と後期では約2倍の量が必要になってくるのです。鉄分は体内で生成出来ないため、食物から摂るしかありません。

妊娠初期はつわりなどで体調が悪い日が多く、中々鉄分を摂ることは出来ませんよね。また中期や後期は、かなりの量の鉄分を摂らなければなりません。鉄分は、カフェインなどと混ざりますと、吸収されなくなってしまいます。鉄分は摂ること自体が結構難しいのです。

このように食物から摂ることが難しい鉄分ですが、効率の良いサプリメントがあるのです。それを今からご紹介したいと思います。

妊娠初期におすすめのサプリメントとは?

鉄分は「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」があります。この2種類のうち、吸収がよいのはヘム鉄です。ヘム鉄は魚や肉などの動物性タンパク質に多く含まれています。対する非ヘム鉄は、豆腐やヒジキなどの植物性タンパク質に多く含まれているのです。

妊娠初期は、つわりなどの影響で中々食べることが出来ないものです。特に肉や魚などは、匂いすらダメ…という人も多いことでしょう。そのような場合は、無理して食べる必要はないのです。ただし、妊娠中期や後期のことを考えると、鉄分を貯蔵しておく必要はあります。出来るだけ摂るように心がけたいですよね。

ドラッグストアなどに置いてある鉄分のサプリは、ほとんどが吸収率の悪い非ヘム鉄なのです。ヘム鉄サプリはほとんどがネット販売されているようですね。

鉄分は、ビタミンCと一緒に摂ると、吸収率がアップすると言われています。ですので、鉄分とビタミンCが配合されているサプリがベストですよね。

その点から言いますと、おすすめのサプリメントは「美めぐり習慣」ですね。飲みやすい小粒で、1日に必要なヘム鉄の10mgを簡単に摂ることが出来ます。また、ビタミンCや葉酸も配合されていますので、鉄分を効率よく摂れます。

次におすすめなのは、「ヘムアイアン」です。このサプリメントは海外製なのですが、日本製のものよりもビタミン類が多く配合されていますので、他の栄養素も一緒に摂ることが出来るのです。もちろん、ヘム鉄もきっちり摂れますよ。

最後は、デュアナチュラヘム鉄です。デュアナチュラといえば、サプリメントの有名な会社ですよね。国産なので原材料も安心です。また、価格もリーズナブルですよ。配合されている鉄分はそれほど多くはないのですが、妊娠初期の間はまだそこまで多くの鉄分は必要ありません。ですので、妊娠初期に向いているサプリメントと言えるでしょう。

いかがでしたか?鉄分は基本的に食品から摂るのが大原則ですが、妊娠初期は中々難しいですよね。サプリメントで上手に鉄分を補給していきたいですね。

鉄分だけではなく、葉酸も必要不可欠なので、必ず妊活サプリをチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ