妊活にはお金が必要?かかる費用はどれくらい?

妊活費用

妊活にはどうしてもお金が必要になってきます。
特に病院で不妊治療をされているカップルは、治療方法にもよりますが、多額の費用が必要です。

ここでは、妊活にかかる費用についてまとめました。

スポンサーリンク

不妊治療をしている場合の費用は?

病院での不妊治療の費用は、病院や治療方法によってかなり違ってきます。
簡単ではありますが、ご紹介しますね。

タイミング法

不妊治療の第一歩とも言える治療法です。
医師がエコーで卵胞の大きさを計測し、排卵日を予測してタイミングを持つ日などを指導します。

かかってくる費用は、薬・注射(ない場合もあります)、エコー、血液検査などです。ほとんどの項目で健康保険が使えますので、費用も安くなります。

1周期あたり、5000円~高くでも1万円程度でおさまるでしょう。

人工受精

パートナーの精子を洗浄・濃縮し、それを直接子宮に入れる方法です。
人工受精にステップアップをすると、タイミングをより確実にするために排卵誘発剤を注射することが多いでしょう。

かかってくる費用は薬・注射、エコー、血液検査、精子の洗浄・濃縮、人工受精です。人工受精自体には、保険が適用されません。

病院にもよりますが、1周期あたり1万~2万くらいでしょう。

体外受精・顕微受精

タイミング法や人工受精と違い、卵子と精子を取り出し、体外で受精させるのでかなりの費用がかかってきます。

また、少しでも多くの受精卵を得る為に、排卵誘発剤を使用してたくさんの卵胞を育てる病院が多いでしょう。また、顕微受精になると、人の手で受精をさせる為に体外受精よりも費用が多くかかります。

かかってくる費用は、薬・注射、血液検査、エコー、卵子を取り出す手術費、精子の洗浄・濃縮、受精卵の培養費などです。顕微受精の場合は、顕微受精の費用もプラスされます。

排卵誘発剤の種類や病院の違いなどによって金額はかなり違ってきますが、体外受精の場合は30万~50万、顕微受精の場合は60万~70万ほどでしょう。

ただし、処置によっては100万近くかかる場合もあります。

国や自治体が行っている不妊治療助成制度や、医療費控除などを上手に利用して、費用の負担を減らしていくようにしましょう。

不妊治療以外でかかってくる費用

これは、自分の判断で購入するサプリや漢方薬、お守りグッズなどが対象になります。また、鍼灸に通っている人は、そちらにも費用がかかってきます。

健康保険は勿論のこと、医療費控除も対象外ですので、完全な自費扱いです。
自分が「これは効くかも!」と感じて継続出来るもののみを選び、購入するようにしましょう。

漢方やサプリ、鍼灸代などで月に10万も20万もかけている人がいますが、それは控えておいたほうがいいと思います。多くても5万以内にとどめるようにしましょう。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ