妊活にお灸が効く?効果があるツボのまとめ

お灸

妊活中は、妊娠するために色々なことを試してみたくなるものです。
様々な方法の中でも、特に効果があると言われているのが「お灸」です。
また、妊活に効く「ツボ」も存在します。

どちらも即効性のある方法ではありませんが、続けることで徐々に効果が期待出来ます。
ここでは、妊活に効くお灸とツボについてまとめました。

スポンサーリンク

妊活にお灸とツボがいいワケ

お灸とは、古くから中国で行われていた治療法で、体中にあるツボの上に、ヨモギの葉を燃やして作られた「モグサ」というものをひねり、燃やして使う方法です。

最近では、ニンニクやショウガを使ったものを燃やして使うことが多いです。
それぞれの病状、または体の不調に効果のあるツボを温めて刺激することで、より効果的な治療が出来るというわけなのです。

妊活のお灸は、妊娠しやすくするために血のめぐりや子宮の状態を整えるツボを刺激していきます。

体が温まり、血液の循環が良くなって受精卵が着床しやすくなったり、質のいい卵子が出来る効果が期待出来るのです。

お灸は自宅でも出来ますが、最初は鍼灸院に行って、鍼灸師さんにして頂いたほうが効果は高まると思います。

妊活に効果のあるツボとは?

お灸をする上で、妊活に効果のあるツボをご紹介します!

三陰交(さんいんこう)

「女性のツボ」と呼ばれるほど、有名なツボです。
内側のくるぶしから、指4本分上にあります。
少し押すと、ジーンと感じ場所です。
このツボを刺激すると、子宮や卵巣機能の改善に効果があると言われています。

湧泉(ゆうせん)

足の裏の中指の先端と、かかとを結ぶ線の、中指からおよそ3分の1あたりの場所にあります。
指の関節の下、土踏まずの上部にあるツボです。
基礎体力、生命力、生殖能力の改善に効果があります。

関元(かんげん)

お臍と恥骨の間の、5分の3の場所にあるツボです。お腹はとても繊細な部分ですので、優しくゆっくりと押すようにしましょう。

血海(けっかい)

膝上の内側にある、膝のお皿から指3本分上にあるツボです。
女性ホルモンの分泌を整え、月経不順や月経痛、月経困難症などの改善に効果があります。

いかがでしたか?

これらのツボは、最初のほうは探すのが難しいので、まずは鍼灸師さんにアドバイスを頂きながらコツをつかんでいく方法がおススメです。

お灸をすると、体が芯から温められ、冷えも改善されるので血のめぐりがよくなり、妊娠しやすくなります。
妊活中の人は、是非お灸をされてみて下さいね。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ