マタニティブルーとは?症状や原因や対処法を紹介!

マタニティブルー

「マタニティブルー」という言葉をご存知ですか?
妊娠して幸せいっぱいなはずなのに、何故か気分が落ち込んだり、何もやる気が起きない…などの症状があらわれることがあります。これはおかしいことでも何でもありません。
ここでは、マタニティブルー症状原因対処法についてまとめました。

スポンサーリンク

マタニティブルーの症状は?

マタニティブルーの症状は、主に精神的な症状としてあらわれます。
主に次のような症状があらわれることが多いです。

  • 理由がないのに気分が沈む
  • 妊娠前には気にも止めなかったことが気になったり、落ち込んでしまう
  • 赤ちゃんが無事に育っているか、無事に産まれてくるのか不安でたまらなくなる
  • 育児がきちんとできるか不安になる
  • 些細なことでイライラして、家族に当たり散らしてしまう
  • 急に悲しくなって涙が出てくる
  • 感情の浮き沈みが激しくなる
  • 食欲がなくなったり、夜眠れなくなった
  • 好きだったことに興味がなくなり、外出も億劫になる
  • 身なりに気を使わなくなった

これらの症状が複数当てはまる場合は、マタニティブルーである可能性が高いでしょう。

マタニティブルーの原因とは?

マタニティブルーの原因は、主にホルモンの急激な分泌によるものと考えられています。

妊娠すると、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンを始め、出産に控えて骨盤を徐々に開く働きのある「リラキシン」などのホルモンが大量に分泌され始めます。

妊娠前と違うホルモンの変化についていけずに、メンタル面に影響が出てしまうのです。

ですので、マタニティブルーは誰でもなる可能性があるのです。

マタニティブルーの対処法は?

マタニティブルーは軽いうつ状態です。
一人で抱え込むのはかなりの精神的負担になります。
マタニティブルーの具体的な対処法をご紹介します。

何でも相談出来る人を見つける

これは、マタニティブルーで最も有効な方法かも知れません。
親友でもいいですし、両親でもいいでしょう。もし話せるのであれば、旦那様でもいいのです。
また、逆に全くの赤の他人の方が、話しやすいということもあります。
妊娠中の不安などを何でも相談出来る人を見つけましょう。

ストレス解消法を見つける

マタニティブルーは、ストレスから起こっていることもあります。
ゆっくり入浴したり、アロマを使ったりなど、自分なりのストレス解消法を見つけましょう。
ストレスはこまめに解消するように心がけたいですね。

症状が辛い時は、産婦人科医に相談を

マタニティブルーは軽いうつ状態です。
話を聞いてもらっても、ストレス解消をしても症状が良くならない場合は、産婦人科医や助産師に相談しましょう。
産婦人科では、妊娠中でも飲める精神安定剤の処方が出来ます。
一人で抱え込まず、出来るだけ早く専門家に相談しましょう。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ