育児休暇給付金の支給日や受給資格は?

育児休暇給付金

働く女性にとって有り難い「育児休暇給付金制度」ですが、支給日や受給資格など細かく定められています。育児による休暇ですので、きちんと申請しないと給付されません。
ここでは、育児休暇給付金支給日受給資格などについてまとめました。

育児休暇給付金の受給資格は?

育児休暇給付金は、パパやママが加入している、雇用保険から給付されます。
赤ちゃんが1歳のお誕生日を迎える前々日までの期間に支給されます。

また、赤ちゃんの預け先がない、パパやママ、赤ちゃんの体調が優れないなど特別な事情がある場合は、申請することで、1歳6か月まで延長することができます。

育児休暇給付金の受給資格は、次の通りです。

  1. 休業開始の約2年間に、賃金支払い回数が11日以上ある月が12か月以上あることが最低条件になります。日数が足りない場合は、育児休暇給付金を受けることが出来ませんので、注意するようにしましょう。
  2. 雇用保険に加入していること。
  3. 育児休業中の1か月ごとに、休業開始前の1か月辺りの賃金の8割以上が支払われていない場合は、育児休暇給付金の受給対象となります。
  4. 休業している日数が、各支給単位期間(1か月ごとの期間)ごとに20日以上である(休業終了日が含まれている月は、1日でも休業日があれば問題ありません)。
  5. 健康保険に連続して1年以上加入していること。

以上となります。

ただし、雇用保険に加入していても、妊娠中に育児休暇を取らず退職する人、育児休暇に入る時点で育休終了後に退職する予定の人、育児休暇を取得せず仕事復帰をする人は給付の対象外となります。

育児休暇給付金の支給日はいつ?

まず育児休暇給付金の金額ですが、育児休業開始日~180日目までは、月給の67%が支給されます。181日~休業最終日までは、月給の50%が支給されます。

両方の金額を算出し、足した金額が、育児休暇給付金の金額のおおよその目安です。

さらに、育児休暇給付金は上限があります。

上限額は「日額1万4230円」です。これを月額にすると、21万3450円となります。どんなに給料が多くても、この額以上の給付は受けることが出来ませんので注意が必要です。

ただし、下限は設定されていません。
次に、育児休暇給付金の支給日ですが、基本的には2か月ごとの支給です。

ただし、初回の給付は、手続きに時間がかかる場合があるため、支給が始まって4~5か月後の支給となることも少なくありません。

受給のない月の家計状況には、十分注意しましょう。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ