不妊治療の費用って平均的にどれくらいかかるもの?

不妊治療 費用

今や不妊に悩むカップルは、10組に1組の割合でいると言われています。
不妊治療は保険がきかない治療も多いため、どうしても費用がかかりがちですが、一体どれくらいかかるのでしょうか?
ここでは、不妊治療にかかる費用の、平均についてまとめました。

不妊治療費は、治療方法により大きく違う!

不妊治療は、大きく分けて3つの方法があります。

1つ目は、医師が排卵日を予測し、それに合わせて夫婦生活を持つ「タイミング療法」、2つ目は、採取した精子を洗浄、濃縮し、子宮に直接注入する「人工受精」、3つ目は精子と卵子を体外に取り出し、受精させる「体外授精」です。

さらに体外授精は、技師の手で卵子に精子を直接送り込む「顕微受精」もあります。

これらの方法により、不妊治療費は大きく異なります。
また、病院によっても治療費が異なってきます。
では、治療方法別の治療費の平均についてご説明します。

不妊治療の方法別、治療費の平均は?

タイミング法、人工受精。体外受精の3つに分けて説明していきます。

タイミング法の治療費の平均

3つの不妊治療の方法の中でも、最も自然に近い方法です。
血液検査、エコー代、投薬代ほどで済みますので当然費用も安くなります。
また、保険の適用となる項目も多いです。

病院によっても違ってきますが、大体1回のタイミング法(生理周期1回分)で、5000円~1万円ほどです。

ただし、不妊治療を始めたばかりの頃は、血液検査や卵管造影検査などの検査項目が多い為、もっとかかることがあります。

これらの検査費は、保険の適用外となります。
この場合、プラス3万~5万の上乗せになるでしょう。

人工受精

人工受精は、健康保険の適用外となります。
かかってくる費用は、血液検査、エコー代、精子の検査代、薬代、人工受精代などです。

病院や人工受精の方法によっても違ってきますが、1回の生理周期につき約2万~3万円程度かかるとみておいた方がいいでしょう。

体外受精

体外受精は、不妊治療の中でも最も費用がかかります。

基本的に排卵誘発剤を使って卵子を複数育てるため(排卵誘発剤を使わない方法も選択出来ます)、タイミング法や人工受精と比べると、薬代はかなり高くなってきます。

かかる費用は、血液検査代、エコー代、排卵誘発剤などの薬や注射代、卵巣から卵子を取り出す採卵費用、精子の検査代、受精卵の培養費などです。

病院や排卵誘発の方法によってかなりのバラつきはありますが、約30万~60万くらいです。

また、精子と卵子を技師の手によって受精させる「顕微受精」では、50万~80万、様々な方法を加えると、100万近くかかる場合もあります。

不妊治療費はかなり高額になることがお分かり頂けたと思います。
自治体によっては、不妊治療費を助成しているところもありますので、是非利用しましょう。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ