葉酸サプリはうつ病にも効果あり?

うつ病

妊娠を望む女性や、妊娠初期の女性に勧められ始めてから、知名度と売り上げが一気に上がった葉酸サプリですが、最近の研究で、うつ病にも効果があることが判明したのです。

もし本当であれば、うつ病の人にとっては治療の効果がより期待出来ることでしょう。
ここでは、葉酸サプリうつ病の関係、効果についてまとめました。

スポンサーリンク

葉酸は神経系に作用する!

妊娠初期の女性が葉酸サプリを適切に摂取すると、胎児の神経管欠損症などの先天性障がいのリスクが下がると言われていますよね。
これは、厚生労働省が出している文言ですので、確かなことです。

葉酸は、ヒトの神経管に作用する働きがあります。
神経に作用することで、抗うつの効果があるのです。
では、神経に作用することが、何故抗うつの効果となるのでしょうか?

うつ病とは脳の神経の病気

うつ病は、よく「こころの病」と言われてますよね。
ただし、医学的には「こころ」というものは当然ながら存在しません。

うつ病は、言い換えれば「脳の神経の病気」なんです。

過度なストレスなどが原因で、脳の伝達物質である「シナプス」を活性化させるホルモン、「セロトニン」の分泌が悪くなります。

シナプスの働きが悪くなると、無気力、睡眠障害、倦怠感などの様々な症状が出てくることが分かっています。

うつ病の治療は、抗うつ剤を使いセロトニンを補うことで、シナプスの働きを助けることが中心になってきます。

この様に、うつ病は医学的にもきちんとした根拠(エビデンス)があるのです。

葉酸サプリを服用することで、抗うつの効果が倍増する!?

最近の研究で、うつ病患者に、抗うつ剤と葉酸サプリの両方を服用してもらったところ、抗うつ剤だけ服用している患者よりも、約6割の方がうつ病が快方に向かったという報告があります。

また、うつ病を患っている患者の食生活を調査したところ、約8割もの患者が葉酸不足であることが判明しました。

さらに、葉酸不足の人は、うつ病にかかる確率が高く、逆に日頃から葉酸を摂っている人は、うつ病にかかりにくいという研究結果もあるのです。

葉酸は、脳の神経系に作用し、気持ちをリラックスさせる効果があると言われています。

ですので、心療内科や精神科でも、うつ病患者に葉酸サプリの摂取を勧めているところが多くあるのです。

また、国立国際医療研究センターでは、葉酸を積極的に摂ることが、うつ病による社会的な格差をなくすということを発表しています。

葉酸がうつ病に効果のある栄養素とはびっくりですね。
うつ病予防のためにも、日頃から葉酸を積極的に摂ることを心がけたいですね。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ