葉酸とは?赤ちゃんに必要な栄養素

葉酸とは?

葉酸は、妊娠を望む女性や妊娠初期の女性に勧められていますが、どのような効果があるのでしょうか?また、お腹の赤ちゃんにも必要な栄養素なのでしょうか?
ここでは、葉酸の役割と、お腹の赤ちゃんにも必要な栄養素なのかということについてまとめました。

スポンサーリンク

葉酸の働きとは?

葉酸は、胎児の神経管欠損症などの先天性障がいのリスクを減らすことで知られていますが、他にも葉酸を摂ることによって次のような効果が期待出来ます。

貧血の予防

葉酸は、赤血球が巨大になってしまう悪性貧血を予防する働きがあると言われています。

通常の貧血は、鉄分不足によるものですが、悪性貧血は葉酸とビタミンB12が不足した時に起こるのです。

鉄分だけでは正常な赤血球が出来にくいのです。
葉酸を摂ることで、綺麗な赤血球が出来、貧血の予防に繋がるのです。

細胞の再生を助ける

私たちの体は、全て細胞で出来ています。細胞の中には、DNAと呼ばれる細胞の元になるものが存在します。

葉酸は、このDNAが作られる時の「核酸」の成分になることで、細胞の再生を助けています。

細胞の再生が活発な粘膜は、葉酸が不足すると作られにくくなり、結果的に免疫機能が低下し、細菌やウイルスに感染しやすくなります。

心臓病や動脈硬化の予防

心臓病や動脈硬化は、ある特定のアミノ酸が増えることでなりやすくなります。
葉酸とビタミンB12を摂ることで、このアミノ酸の働きを抑えることが出来ます。

葉酸はお腹の赤ちゃんにも必要なの?

葉酸は、胎児の神経管欠損症などの先天性障がいなどのリスクを減らすということは、すでに知られていますよね。

そういった意味でも必要な栄養素なのですが、他にも葉酸を摂ることがお腹の赤ちゃんにも必要なことなのです。

葉酸の働きは、前述の通り、貧血を予防したり、細胞の再生を助けたり、心臓病や動脈硬化の予防をする働きがあります。

これは、お腹の赤ちゃんにも同じことが言えるのです(心臓病や動脈硬化の予防は除きます)。

胎児は日々物凄いスピードで成長しています。成長する過程で必要不可欠なことが「細胞分裂」です。葉酸を多く摂ることによって、胎児の細胞分裂を活性化させることが出来ます。

また、じょうぶな粘膜を作るのには、必要不可欠な栄養素です。
ですので、妊娠初期までと決めつけずに、妊娠中ずっと葉酸を多く摂るようにしましょう。授乳中も同じです。

ただ、葉酸の摂り過ぎは様々な副作用があるため、1日1000マイクログラムを超えないように摂取するようにして下さい。

ただし、食品から摂取する分には、どれだけ摂取しても問題はありません。葉酸を多く含む食材をたくさん食べるようにして下さい。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ