葉酸サプリに副作用はある?安全性は大丈夫か?

葉酸サプリ 副作用

妊娠を望む女性や妊娠初期の女性に勧められる葉酸は、食品からの吸収が悪いためにサプリメントから摂るのが基本です。

しかし、葉酸サプリは実に様々な種類があり、どれを飲めば安全なのか迷いますよね。また、葉酸サプリを摂ることで副作用はあるのでしょうか?
ここでは、葉酸サプリ副作用安全性についてまとめました。

スポンサーリンク

葉酸サプリに副作用はあるの?

葉酸サプリは食品なので、摂る量をきちんと守れば副作用はないと言われています。しかし、たまに飲み忘れによる過剰摂取や、体にいいからと大量摂取してしまうとやはり副作用は避けられません。

これは食品でも同じことが言えますよね。

例えば、ビタミンAを摂り過ぎると、流産の危険性が高まったり、産まれてくる赤ちゃんに目の障がいがみられたりする可能性が指摘されています。

葉酸を摂り過ぎると、食欲不振や吐き気、不眠症、むくみ、紅斑、かゆみ、呼吸障害、亜鉛の吸収率低下などの副作用が報告されています。

ただし、これは葉酸を1日1000マイクログラム以上、毎日取ることで起こってきます。妊娠前や妊娠初期に葉酸サプリを飲む量は、1日400マイクログラムほどが適当と言われています。

1000マイクログラムと言うとかなりの量になりますので、サプリメントの表示をよく読んで、量を守れば全く問題はありません。

また、妊娠後期に葉酸サプリを過剰摂取してしまうと、産まれてくる赤ちゃんが喘息になるリスクがわずかながら上がるという研究結果もあります。
葉酸サプリの摂り過ぎには気を付けたいものですね。

葉酸サプリの安全性について

ドラッグストアや薬局に置いてある葉酸サプリは、様々な種類がありますが、その中でも気を付けたい葉酸サプリがあります。
それを見極めるポイントをご紹介します。

過剰摂取に気を付けるようにという表示がない

前述した通り、葉酸の過剰摂取は副作用をもたらしてしまうことがあります。葉酸サプリの中には、過剰摂取の配慮がなされていない物があります。そのようなサプリは購入しないほうがいいでしょう。

ショ糖脂肪酸エステルなどの添加物には注意!

葉酸サプリに含まれていることの多いショ糖脂肪酸エステルなどの添加物は、摂り過ぎると染色体異常のリスクが高まるという報告があります。
葉酸サプリに表示されている添加物をよく確認しましょう。
出来るなら、葉酸の吸収率は落ちますが、食品添加物が含まれていない葉酸サプリを摂取したほうが安全と言えるでしょう。

ビタミンAの過剰摂取の配慮がなされていない

ビタミンAの過剰摂取は、流産のリスクが高まったり、胎児の奇形に繋がるおそれがあります。
ビタミンAは体内に蓄積されやすいので、基本的に食品からで十分です。
ビタミンAを含んでいる葉酸サプリは避けたほうがいいでしょう。

以上が安全な葉酸サプリを選ぶポイントになります。
葉酸サプリは、ドラッグストアや薬局、産婦人科やネットなど様々な場所に置いてありますから、よく吟味した上で購入するようにして下さい。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ