妊活ヨガのススメ!おススメのヨガポーズと効果

妊活ヨガ

妊活中の人にも効果大と言われているヨガは、やり方さえ覚えれば自宅でも気軽に出来ます。また、妊活に効果のあるヨガのポーズは、どのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、妊活中の人におススメのヨガについてまとめました。

妊活にヨガが効果的は理由とは?

ヨガは、体の色々な部分を伸ばし、しなやかにする効果があります。
それは、子宮や卵巣、骨盤なども含まれています。

子宮や骨盤がガチガチに固まっていると、血液の循環が悪くなり、妊娠しにくくなります。これらの部分が固まってしまっている主な理由は、「冷え」と「運動不足」です。

特に子宮や卵巣などの内臓が冷えてしまっていると、外側から温めただけでは効果が現れなくなるのです。

ヨガは、ゆっくりとした動きなのですが、体の内側からゆっくりと温めてくれる効果があるので、内臓が冷えてしまっている人には特におススメの運動なのです。
もちろん、運動不足も解消でき、一石二鳥なのです。

普通のヨガでも効果はありますが、今話題のホットヨガですと、体を温める効果は更にアップするでしょう。
では、ホットヨガとはどんなものなのでしょうか?

ホットヨガってどんなもの?

ホットヨガとは、室温39度前後、湿度60%前後に保たれた室温で行うヨガのことです。この室内環境は、体をいちばん柔軟にし、また発汗の作用があると言われています。

通常のヨガは、長い時間をかけて行いますが、ホットヨガですと効率よく筋肉を伸ばすことが出来るのです。

ホットヨガでは、環境が少々苛酷なため、激しいポーズは行いません。
呼吸法とストレッチをメインにして、普段使わない筋肉を伸ばしていきます。
妊活中の人は、骨盤周りの筋肉を伸ばすポーズが中心となるでしょう。

妊活中のヨガ、おススメのポーズは?

まず、ホットヨガは自宅では行わないようにされたほうがいいでしょう。
環境作りが難しいからです。

それでは、自宅でヨガをするのにおススメのポーズをご紹介したいと思います。

猫のポーズ

四つん這いになり、息を吸い込みながら背中を反らし、息を吐きながら背中を丸めます。体の凝りをほぐす効果があります。
このポーズは、妊娠中でも効果がありますよ。

椅子のポーズ

普段あまり使わない骨盤の周りの筋肉を伸ばしていくポーズです。骨盤周りの筋肉がしっかりとするだけでなく、子宮が正しい位置に戻ります。
産後にも効果があるポーズです。

子どものポーズ

息を吐きながら両腕を床について前に伸ばし、状態を前に倒していきます。
心身ともにリラックスさせる効果があります。

いかがでしたか?
ヨガはリラックスを目的とした、無酸素運動です。体に負担がかかりにくいため、妊活中の人におススメの運動です。
妊活中の人は、是非されてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ