妊娠検査薬クリアブルーのフライングの評判や口コミは?

クリアブルー評判

妊娠検査薬の中でも人気の高い「クリアブルー」は、フライング検査でもよく使われています。クリアブルーでフライング検査をした時の、評判口コミはどんなものがあるのでしょうか?ここでは、クリアブルーのフライング検査についてまとめています。

スポンサーリンク

妊娠検査薬「クリアブルー」の特徴は?

妊娠検査薬のひとつである「クリアブルー」は、オムロンヘルスケアが販売している妊娠検査薬です。
世界的に人気のある妊娠検査薬で、実に50か国以上で販売されています。

クリアブルーが人気のわけは、「hcgの感知度の良さ」にあります。
クリアブルーの説明書には、一応「生理予定日から1週間後に検査して下さい」と明記されていますが、実際はもっと早い時期から結果が出るので有名です。

反応する線の色が薄いブルーということもあり、薄い線でも見分けが少しつきにくいということはあるようですが、妊娠検査薬の場合は、線が薄くても陽性ですのでそこまで気にならないでしょう。

フライングの時期って?

ところで、妊娠検査薬のフライングの時期はご存知でしょうか?
基本的には、その妊娠検査薬が検査できる時期より、早い時期に検査することを言います。

しかし、多くの場合、生理予定日かその前後くらいに検査することを指すようです。早い場合は、排卵日から9日後くらいに薄く線が出ることもあるようです。

妊娠検査薬のフライングで、陽性反応はいつから出るのか?

蒸発線って?

クリアブルーに限らず、妊娠検査薬でフライング検査をした時にみられる「蒸発線」は、実はよくある線です。

クリアブルーでフライング検査をした時に、多くみられると言われています。
蒸発線とは、尿をかけた後、判定窓にとても薄いグレーのような線がみられることがあります。これは、尿が蒸発した後に出来る線なので、陽性ではありません。

自分で見ないと分からない、他人が見たら陽性とは言えない、光にかざさないと浮かばないなどの線は蒸発線と考えられます。

これはクリアブルーのせいではなく、検査薬が陰性の場合に起こり得る、ただの反応なのです。

クリアブルーのフライングの口コミ

クリアブルーは、そのhcgの感知の良さから、フライング向きと言われます。ネットでの評判も中々いいようですね。では、口コミを何件かご紹介したいと思います。

「生理予定日3日前に、クリアブルーでフライング検査をしたところ、薄い薄い線が!念のため3日後に検査すると、今度は線が濃くなっていました」

「生理予定日にクリアブルーで検査をすると、薄い線が出ました!他の検査薬はクリアブルーよりも色が薄かったです」

「クリアブルーは薄いブルーの線なので、フライング検査の時に分かりづらいことがあります」

このように、クリアブルーを使用してのフライング検査は、賛否両論のようです。
中には、陰性が出た時に検査薬を解体したところ、判定窓からずれたところに線があった…というケースもあったようですが、残念ながらそれは恐らく陰性でしょう。

検査薬の構造上、尿をかけるとそこに線が出来るのは普通の反応なんです。要は終了窓と一緒なんです。
ネットには、間違った情報も数多くあります。

フライングの検査結果は、ネットに依存する場合もありますので、出来ればご自分の目でしっかり確認して頂ければと思います。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ