妊娠検査薬の使い方!時期・時間・失敗しない方法は?

妊娠検査薬 使い方

妊娠検査薬の使用時に、失敗してしまったという話はよく聞きます。妊娠検査薬は、意外と取り扱いが難しいのです。妊娠検査薬は結構高いので、出来れば失敗したくないですよね。ここでは、妊娠検査薬の失敗しない使い方時期時間についてまとめました。

スポンサーリンク

妊娠検査薬の失敗の原因は?

尿をかける場所を間違える、尿が上手くかからなかった

妊娠検査薬は、その種類によって、尿をかける場所が違ったりします。スティックのキャップを取ってから尿をかけなければいけないのですが、キャップを取るのをついつい忘れてしまい、キャップの上から尿をかけてしまう、また、尿をかけるべき場所の反対側にかけてしまうという失敗もあります。

さらに、尿をかける時に上手くかからなかったという失敗も多くあります。

検査の時期が早すぎる

最近の妊娠検査薬は、hcgを感知する精度が上がり、生理予定日頃でも反応することが少なくありません。しかし、排卵日がずれている場合は、生理予定日は全くあてにならないため、検査薬を試す目安にはならないのです。

尿中のhcgの濃度が薄い

検査の時期が早すぎるのも原因ですが、トイレに何回か行った後は、尿中のhcgの濃度が薄まっている可能性もあります。

特に生理予定日頃に試す場合は、まだhcgの量が少ないため、トイレに何回も行った後ですと、結果が出ないこともあります。

このように様々ある失敗を回避するには、どうしたらいいのでしょうか?

妊娠検査薬で失敗しないためには?

説明書をきちんと読む

妊娠検査薬を使用する前に説明書をきちんと読み、尿をかける場所やかける秒数をきちんと確認しましょう。

尿は紙コップなどに取る

尿をかけるのが失敗しそうで不安な人は、尿をいったん清潔な紙コップに取り、妊娠検査薬のスティックを浸すようにしてみましょう。
この方法だと、失敗はほぼないと思いますよ。

ただし、尿をかける場合と浸す場合の時間は、少し違います。浸す場合の時間が長いことが多く、種類によっても時間が違うので、説明書を読んで確認して下さいね。

検査時期は、決められた時期で

ほとんどの妊娠検査薬は、生理予定日から1週間後に検査するように説明書きがあると思います。

これは、生理予定日から1週間経てば、尿中のhcgの濃度がじゅうぶんになるため、結果が正確に出やすいからです。

生理周期が安定している人で、妊娠していれば生理予定日から反応はあるはずですが、排卵日がずれる可能性ももちろんあります。

失敗しないためには、生理予定日から1週間経ってからのほうが無難です。
フライング検査をする場合は、何本か使うと思っておいたほうがいいです。

なるべく朝一の尿で検査する
夕方や夜になると、尿が薄くなってhcgが上手く検出されないこともあります。
朝一の尿は濃いので、確実に結果が出るでしょう。

いかがでしたか?
妊娠検査薬で失敗しないためにも、以上のことを心がけて検査するようにして下さいね。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ