着床前診断とは?費用や問題点、デメリットはあるの?

着床前診断

着床前診断はあまり聞き慣れない言葉だと思います。しかし不妊治療をしているご夫婦や、流産を繰り返してしまうご夫婦にとっては、まさに希望の光なんです。ここでは、着床前診断の基礎知識や、費用問題点などについてまとめました。

着床前診断についての基礎知識

着床前診断とは?

着床前診断とは、子宮内膜に着床する前の受精卵の段階で、染色体や遺伝子に異常がないかどうかを検査することをいいます。
着床前診断には、特定の遺伝子異常の有無を診断する「着床前遺伝子診断」と、染色体の数的異常や性別の検査を行う「着床前遺伝子スクリーニング」があります。

着床前診断で出来ることは?

遺伝性の疾患や、染色体異常による症候群を未然に知ることが出来たり、体外授精による妊娠率の向上や、体外授精後の流産率を減らす効果が期待出来ます。
また、日本では実施されていませんが、男女の産み分けも100%出来ます。

着床前診断は誰でも出来るの?病院は?

日本産婦人科学会では

①原則として、重篤な遺伝子疾患をもつ児を出産する可能性のある、遺伝子変異や染色体異常の遺伝子を持っている場合

②重篤な遺伝子疾患に加え、均衡型染色体構造異常に起因すると考えられる習慣流産(反復流産含む)という条件を持った人であれば、申請し、学会の承認を得て実施することが出来ます。

どこでも出来るわけではなく、指定された病院で実施することになります。
ただし、上記の条件をクリアしていない人でも、産婦人科学会の承認のない病院で実施することも出来ます(何回も流産してしまう人など)。

着床前診断の方法とは?

絶対条件として、体外授精をするのが前提となります。その人に合った排卵誘発剤を使用し、卵胞を幾つか育てて、取り出して精子と受精させます。

読むだけですと簡単に聞こえますが、排卵誘発剤はお金もかかりますし、時間もかなり取られます。また、副作用も様々あります。
無事に授精した受精卵を、目的に応じた検査方法で検査、診断します。

着床前診断の費用や問題点、デメリットなど

着床前診断の費用は?

産婦人科学会の承認を得た場合、費用は病院や排卵誘発法によって異なりますが、50万円~80万円くらいです。
産婦人科学会の承認なしの場合は、100万円以上かかることもあります。

着床前診断の問題点やデメリット

着床前診断をしたからと言って、必ず妊娠出来るとは限りませんし、その後の妊娠が順調に進む保証はありません。
妊娠率は、体外授精とほとんど同じです。女性の年齢によって大きく変わってくるでしょう。

また、体外授精を前提としているため、当然ながら費用がかなりかかってきます。
費用がかかる割に、絶対的なものでないという認識を持つことが大切です。
さらに、働いている女性も多いと思いますが、体外授精のスケジュール期間中は通院などの回数もあり、働くことが難しい状況は多いでしょう。上司や同僚などによく話しておいて下さいね。

また、男女産み分けを目的とする着床前診断は、日本では禁止されています。倫理上の問題からです。

希望する性別の子どもをどうしても授かりたい場合は、アメリカやタイなどに行き着床前診断を受けるご夫婦もいらっしゃいます。

その場合、渡航費用や滞在費、必要な場合は通訳の報酬など全て自己負担となります。また、海外は保険がききませんから全額自己負担です。

着床前診断は、産婦人科学会の審査を重ねて行われるものです。条件は非常に厳しいですが、遺伝子上の問題があるご夫婦にとっては、まさに希望の光なのです。」

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ