安産祈願はいつ行くの?初穂料の金額の相場や服装は?

安産祈願

妊娠して安産祈願に行く妊婦さんは多いと思います。当たり前になっているかも知れませんが、そもそもなぜ安産祈願に行くのでしょうか?ここでは、安産祈願の簡単な由来と、行く時期、また初穂料金額服装などについてまとめました。

スポンサーリンク

安産祈願へ行く時期は?

日本では、古くから安産祈願に行く妊婦さんが多いのです。
そもそも昔は、当然ながら現在よりも医療が発達していなく、出産も命がけでした。お産の時に亡くなってしまう妊婦さんや赤ちゃんも多かったといいます。

これにより、少しでも母子ともに無事に赤ちゃんが産まれるようにと、神様に願っていた人が多かったのですね。

貴族など身分の高い人が、安産祈願に行くことが多かったのですが、次第に平民の間にも広まっていきました。そして、ご利益があった神社などは有名になり、その名残が現在でも続いているというわけなのです。

現在は、無事に産まれてくる赤ちゃんがほとんどなので、お産が少しでも軽く済むように、元気な赤ちゃんが産まれてきますように、という願いを込められるかたが多いでしょう。

安産祈願に行く時期は、ちょうど安定期に入った頃の、妊娠5か月頃と言われています。

妊娠5か月に入った、最初の戌の日に、安産祈願に行く妊婦さんが多いようです。その日に行けなくても、ご自分の都合のいい日に行けば、全く問題はありませんよ。

安産祈願はなぜ戌の日に行くの?

戌の日は、12日に一度めぐってくる日のことです。十二支のひとつですね。
妊婦健診を受けている病院でも、妊娠5か月に入る頃に、戌の日カレンダーをもらえることがあります。

安産祈願はなぜ戌の日に行くのかというと、犬は大変安産な動物だからです。
犬はたくさんの子を産むわりに、お産がとても軽いのです。それにあやかって、お産が少しでも軽くなるように安産祈願に行くわけなんです。

ただ、戌の日に安産祈願に行く人は多いです。込み合うのが疲れてしまう人は、戌の日に行かなくても、ほとんどの神社で安産祈願の受付をしてくれますので安心して下さいね。

安産祈願で腹帯を巻くのはなぜ?

安産祈願で腹帯を購入される妊婦さんも多いと思いますが、そもそも腹帯とは、昔の人がお腹を守るため、または冷やさないようにするために巻いていたものです。また、腹帯を巻くと、お腹が少し楽になるようですね。

それにちなんで、現在でも腹帯を巻く妊婦さんは多いのです。
もちろん、必ず巻かなければならないということはありません。

安産祈願の初穂料の相場は?

安産祈願の初穂料は、特に決まりはありません。大体5000~1万円くらいが相場のようです。

ただ、行かれる神社などによっては、あらかじめ初穂料が決められているところがあります。行かれる予定の神社に問い合わせてみて下さい。

安産祈願の服装は?

服装は、スーツなどのフォーマルなものがベストですが、お腹が大きくなって着られなくなっている人は、体に負担がかからない服装で大丈夫です。ただし、原色などの派手な色は避けたほうが無難です。

マタニティ用のフォーマルなスーツは、あらゆるところでレンタルされています。利用するのも一つの方法です。

男性の場合は、出来るだけスーツなどのフォーマルな服装が良いでしょう。また、もしご両親も行かれる場合でも、フォーマルなものを着られるように心がけて下さい。

後で見ても恥ずかしくないような服装で行かれるのがベストです。

関連記事:
安産祈願の有名な神社まとめ(東京編)
安産祈願の有名な神社まとめ(大阪編)

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ