安産祈願の有名な神社まとめ(東京編)

水天宮

安定期に入ると済ませておきたい行事のひとつが「安産祈願」ですよね。でも、安産祈願が出来る神社は一体どこにあるのでしょうか?また有名な神社はどこなのでしょうか?ここでは、東京を中心とした、安産祈願の有名な神社、の3社についてまとめました。参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

水天宮

言わずと知れた、安産祈願では最も有名な神社です。全国各地から参拝者が訪れます。安産祈願だけでなく、子宝祈願も有名ですね。

水天は、子どもを守る神様として古くから親しまれてきました。また、安徳天皇とその母君も祀られている、由緒ある神社です。
有名なだけあって、戌の日や休日などは大変混雑します。

また、予約は受け付けていないため、その日に祈願を受けることは出来ますが、他の妊婦さんと一緒に受けることになります。

こちらの神社は、マタニティ用品やベビー用品もあります。また、マタニティ用のスーツなどもありますので、フォーマルな服装を忘れてしまった人も嬉しいですね。

水天宮 (2015.9月現在は工事の為に移転しています)
     東京都中央区日本橋蛎殻町2-4-1  
     03-3666-7195

子安神社

東京の八王子で、安産、育児の祈願でとても人気のある神社です。
子安神社の祭神は、コノハナサクヤヒメです。コノハナサクヤヒメは、炎の中で子どもを産んだと言われている女性の神様で、安産の象徴として非常に人気の高い神様です。

子安神社は予約を受け付けていません。戌の日や休日は大変混雑します。
こちらでもらえる「岩田帯」は、子安神社のシンボルとなっています。

子安神社  東京都八王子市明神町4-10-3 
      042-642-2551

大宮八幡宮

大宮八幡宮は、源頼義が建立した神社です。神社自体は平安時代に建てられたものですが、この場所は神社建立前から信仰の対象となっていたようです。
現在でも、この場所は「東京のへそ」と呼ばれ、まさに東京の中心にあることから、パワースポットのひとつとしても知られています。

安産祈願の神社となった由来は、応神天皇の母、神功皇后が応神天皇を妊娠中に安産祈願され、見事安産となり、また病気もせず、大変丈夫に育ったことが始まりです。

大宮八幡宮も、予約は出来ません。子ども関係の行事で訪れるかたも多いため、七五三の時期は大変混み合います。

また、当然ながら戌の日や休日、大安の日も混み合いますので、体調と相談しながら行かれるようにして下さい。

パワースポットとして行かれるのもいいかも知れません。

大宮八幡宮  東京都杉並区大宮2-3-1
       03-3311-0105

以上の3社は、全国的にもとても有名で、霊験あらたかな神社となっています。体調の良い時に、是非行かれてみてはいかがですか?

関連記事:
安産祈願の有名な神社まとめ(大阪編)
安産祈願はいつ行くの?初穂料の金額の相場や服装は?

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ