妊娠中期の眠気とだるさの原因と対処方法

妊娠中期 眠気

妊娠初期は、眠気やだるさを感じる妊婦さんが多いと思いますが、安定期に入った妊娠中期にも眠気やだるさを感じることはあるものです。それは一体どうしてなのでしょうか?ここでは、妊娠中期眠気だるさの原因と、その対処法についてまとめました。

スポンサーリンク

妊娠中期の眠気とだるさの原因とは?

辛いつわりも終わり、安定期に入ってやっと体が楽になったかな?と思ったら、眠気やだるさがまだある…。安定期は体調がいいんじゃなかったの?と疑問に思ってしまいますよね。

実際に、妊娠中期(妊娠5か月~7か月)の間は、体調のよい妊婦さんが多いです。赤ちゃんが産まれたら、中々自由に行動出来なくなるので、今のうちに旅行に行ったり、自分の好きなことをしたい時期でもありますよね。また、マタニティヨガやマタニティスイミングなどの許可も下りる妊婦さんも多いので、運動のために始める妊婦さんもいらっしゃるでしょう。

でも、いくら安定期とはいえ、妊娠中はいつ何が起こるか分からないものです。

特に、女性ホルモンのひとつである「プロゲステロン」は、妊娠中ずっと分泌され続けます。このプロゲステロンは、妊娠を継続させる働きがありますが、副作用として眠気やだるさ、便秘や胃もたれなどの副作用があります。後期に入るにつれて、プロゲステロンの分泌は徐々に減っていきますが、妊娠中期はまだまだ分泌の多い時期です。

妊娠中期の眠気やだるさは、このプロゲステロンの分泌が原因であることが多いでしょう。また、プロゲステロンの他にも、色々なホルモンが分泌されていますので、それによって眠気やだるさを感じることが多いと思います。

さらに、お腹の赤ちゃんはどんどん成長していきます。それに伴って、子宮もどんどん大きくなります。その負担が、母体にダイレクトにかかってくるのですね。それも眠気やだるさの原因なのです。

妊娠中期の眠気やだるさの対処法は?

妊娠中期に眠気やだるさが酷い時は、とにかく体をゆっくり休めるように心がけてみましょう。眠れるようなら我慢せずに寝ても良いと思いますよ。

仕事をしていてすぐに休めない時は、気を紛らわせるのもいい方法です。眠気を覚ますガムを噛んでみたり、軽くストレッチをすると眠気がましになりますよ。

また、だるくて仕方ない時は、上司や同僚に相談して、少し休ませてもらうのも手です。少しでも休めば、だるさは全然違いますよ。軽いストレッチをするのもいいと思います。意外に思われるかも知れませんが、ストレッチをすると、気分的にすっきりするので、だるさも軽減されます。

また、軽い散歩をしてみるのもいいですね。休むのもひとつの方法ですが、反対に体を動かしてみるのも気分転換になって良いものです。

どうしても眠気やだるさが辛い時には、産婦人科医に相談してみて下さいね!出かける時に自転車や車の運転をされる場合は、くれぐれも注意して、安全運転を心がけて下さい。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ