妊娠中期の下痢の原因と対処法

妊娠中期 下痢

妊娠中期になり、つわりもやっとおさまって安定期に入ると、体調のよい妊婦さんが増えてきます。

しかし、毎日体調がよいわけではなく、色々な症状がみられることもあるんです。
下痢原因対処法に関してお話します。

スポンサーリンク

妊娠中期の下痢の原因って?

妊娠中の便秘はよく聞きますよね。これは、妊娠中に分泌される女性ホルモン「プロゲステロン」が原因で起こると考えられています。プロゲステロンは、妊娠を継続させる効果がありますが、副作用として腸の動きが妨げられ、便秘になりやすいのです。

それとは逆に、妊娠中期に下痢になる人もいます。これも、プロゲステロンの分泌によるものですが、妊娠すると腸の働きが逆に良くなる人もいるのです。腸が過剰に動くことにより、下痢になりやすいのですね。

下痢になったとしても、しばらくは様子をみてみましょう。1週間ぐらいしておさまるようであれば、問題ないと思います。軟便が続いたり、便が一日に何回も出ることがありますが、心配のない場合がほとんどです。あまり気にしないようにしましょう。どうしても不安な時は、産婦人科医に相談して下さいね。

下痢が続く場合で、胃痛や腸の痛みが伴う場合は、ウイルス性胃腸炎の可能性もあります。放っておいても、自然にウイルスは排出されるのでそこまで気にしなくても大丈夫だと思いますが、念のため産婦人科を受診したほうが安心でしょう。

妊娠中期の下痢の対処法は?

前述したように、妊娠中期の下痢は、ホルモンの分泌による場合が多いのです。腸の働きが良くなるので、むしろ便秘になるよりはいいかも知れません。

しかし、下痢が続きますとちょっと心配ですよね。いちばん心配なのは、脱水症状です。下痢をすると、多くの水分が失われます。ただ、下痢の場合は、嘔吐とは違い、食べたり飲んだり出来ることが多いので、そう簡単には脱水にはなりません。

しかし、妊娠中は体の水分量が多くなっていますので、妊娠前よりも多くの水分を必要としています。ですので、下痢が続くと脱水の心配があるというわけです。

対処方法としては、やはりこまめな水分補給でしょう。むくみが気になる妊婦さんもいるかと思いますが、脱水になるともっと大変になります。また、水分を摂らないとむくみの症状が余計に出やすくなるのです。

下痢がひどい時は、糖分と塩分がバランスよく含まれている、イオン飲料が最も適しているでしょう。お茶や水には電解質が含まれていませんので、本当の意味での水分補給にはなりません。

しかし、イオン飲料ばかりを飲むのも中々大変ですので、お茶や水を飲んでもいいと思います。

また、なるべく消化のよい食べ物を食べるのも効果的です。揚げ物や濃い肉料理は消化が悪いので、胃腸に負担がかかり下痢になりやすいのです。また、アイスやかき氷などの、極端に冷たい食べ物も胃腸に刺激が加わって、下痢になりやすいです。カレーやキムチなどの刺激物も少なめにしたほうがいいでしょう。

下痢が続くと心配になりますが、消化の良いものを食べたりしながら様子をみて、続くようであれば産婦人科を受診するようにして下さいね。
 

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ