妊娠腺を予防するマッサージ方法とは?

妊娠線予防マッサージ

妊娠中期頃から出来やすくなる妊娠腺は、多くの妊婦さんの悩みのひとつです。みみずばれのように出来てしまう人もいれば、薄い腺が出来る人もおり様々です。妊娠腺は予防が大切と言われていますが、どのようにマッサージをすればいいのでしょうか?ここでは、妊娠腺予防するマッサージの仕方についてまとめました。

スポンサーリンク

妊娠腺はどうして出来るの?

お腹が大きくなり始める妊娠中期頃になると、お腹などにみみずばれのような腺が出来てしまうことがあります。これが妊娠腺です。妊娠腺は、妊婦さんの8~9割の人にみられます。

妊娠腺が出来る原因は、「皮膚の亀裂」です。お腹が急に大きくなると、皮膚が伸びるのがついていけずに、皮膚に亀裂が入ってしまいます。妊娠腺とは、要するに「肉割れ」のことですが、妊娠中に出来るので妊娠腺と呼ばれているのです。

また、妊娠腺はお腹だけではなく、胸や二の腕、太ももや脇の下、足の付け根などにも出来ることがあります。これは、妊娠によって胸が大きくなるのと、皮下脂肪が付きやすい状態にあるため、皮膚がその伸びについていけなくなることで、出来やすくなるのです。

一般的に、妊娠腺は、乾燥肌の人や皮膚が固い人が出来やすいようです。皮膚が乾燥すると、亀裂が入りやすくなってしまいます。固い場合も同様です。逆に、皮膚が柔らかい人、伸びがいい人、もち肌タイプの人は妊娠腺が出来にくいようです。

妊娠腺は一度出来てしまうと、完全に元通りになることは難しいようです。産後は皮膚の緊張が取れるので妊娠腺は薄くなりますが、皮膚に白い腺が残ってしまう場合が多いようです。

妊娠腺が出来やすい、出来にくいは体質の問題ですが、妊娠腺予防クリームなどでマッサージすることによって、妊娠腺を出来にくくすることは可能なのです。

では、どの様にマッサージすれば妊娠腺は出来にくくなるのでしょうか?

妊娠腺を予防するマッサージ方法とは?

妊娠腺がいちばん出来やすいお腹は、クリームをたっぷり取って、「の」の字を書くように優しくマッサージします。この時に、力を入れ過ぎてしまいますと、お腹が張りやすくなる可能性がありますので、必ず優しくマッサージするように心がけましょう。また、「の」の字を書くようにマッサージすることで、腸が刺激され、便秘対策にもなり一石二鳥なのです。

また、胸も下から上へ優しくマッサージします。これは、赤ちゃんに母乳をあげるためのマッサージにもなります。母乳の出をよくするためには、妊娠中期頃からマッサージしておくと効果があるという人もいます。

脇の下や太もも、足の付け根などにもクリームでマッサージをしていきます。優しくなでるように、皮膚を伸ばすイメージでマッサージしていきます。このように、イメージしながらマッサージすることも大切なのですよ。本当に皮膚が伸びやすくなることもあるのです。

ポイントは、クリームはたっぷりつけること、優しくマッサージすること、皮膚が伸びるようなイメージでマッサージすることです。特別な技法は一切必要ありません。

毎日マッサージをして、妊娠腺を予防するようにしたいですね。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ