稽留流産の手術後にすぐ妊娠は出来る?妊娠しやすいの?

稽留流産 妊娠

稽留流産は、心身ともに本当に辛いものです。しかし、気になるのが「稽留流産の手術の後に、どれくらい経てば妊娠しても大丈夫なの?」ということだと思います。また、流産の後は妊娠しやすいと言われていますが本当なのでしょうか?ここでは、稽留流産手術後妊娠や、妊娠しやすくなるのかなどについてまとめました。

スポンサーリンク

稽留流産の手術後の妊娠について

稽留流産とは、胎児の心拍が確認出来ない、前に確認出来た心拍が止まっている、胎嚢の成長がみられないなどの時に診断される流産です。基本的に出血などの自覚症状がなく、妊婦健診の時に突然分かることがほとんどなのです。

ですので、妊婦さんはかなりショックを受けます。あまりに突然のことなので、受け入れるのにも時間がかかるものなのです。稽留流産は、放っておいても自然に流れてくる場合もありますが、中には胎盤などの一部を残したままになることも少なくありません。

そうなると、次の妊娠に影響を与えてしまいますので、手術することが多いようです。しかし、妊婦さんの気持ちを汲み取って、自然に流れるのを待つこともあります。どちらにしても、流産の後はエコーで子宮の中をきちんと確認します。

稽留流産と言われるとショックだと思いますが、気になるのはやはり「次の妊娠はいつから出来るのか?」ということですよね。

流産の手術の後に、医師から説明があると思いますが、大体2回ほど月経を見送ってから次の妊娠にトライすると指導されることが多いと思います。2回見送る理由として、子宮の調子を整えることがいちばんに挙げられます。

流産してすぐは、子宮は本調子とは言えません。医師が子宮の中をきれいにしてくれているとはいえ、妊娠するには少し不安が残る…といった感じだと思います。何よりも母体に負担がかかるでしょう。月経を1回見送っただけではまだ不安が残りますので、念のため2回見送るのです。

そうすることで、子宮の調子が元通りになり、妊娠しても安心して赤ちゃんを育てることが出来るようになるのです。

ただ、流産して次の生理が来ないまま、妊娠するケースもあります。だからといって、流産しやすくなることはないのですが、母体の負担は大きいかも知れません。大切な命を育む器官ですので、医師の指示通りに妊娠計画を立てましょうね。

稽留流産の場合つわりはいつまで?ひどくなるって本当?

稽留流産の後は妊娠しやすいの?

よく、「流産した後は妊娠しやすい」と言われますよね。これは、当てはまる人もいれば当てはまらない人もいます。

流産してすぐは、子宮が「妊娠モード」になっているため、妊娠しやすい…なんて言われていますが、そのような根拠はありません。流産して何年も妊娠しない人もたくさんいるんです。

おそらくですが、稽留流産のあとは妊娠しやすいと言われている理由は、流産して辛い気持ちになっているご夫婦に対して、少しでも元気が出るように…という気持ちが、少なからず込められていると思うのです。

稽留流産の後、すぐに妊娠出来た人は、幸運なことにたまたま授かることが出来たのでしょう。

流産はとても身体的にも精神的にも、とても辛いものです。しかし、妊娠12週までの初期の流産は、ほとんどが染色体異常によるものです。パパやママはどうかご自分を責めないで下さいね。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ