つわりのときの食べ物でダメだった、悪化する食べ物とは?

つわり食べ物

つわりで辛い症状のひとつに「嘔吐」がありますね。嘔吐は、食べ物やストレスによって結構左右されるものなのです。吐きやすい食べ物や、胃腸に負担がかかる食べ物を食べ過ぎると、当然嘔吐してしまいます。ここでは、つわりの時に気を付けるべき食べ物についてまとめました。

スポンサーリンク

つわりのときに食べたらダメな食べ物は?

つわりの時は、食べるのも本当に億劫になってしまいますよね。しかし、つわりの時はなるべく胃に食べ物を入れておかないと、ますます気持ち悪くなってしまうものなのです。飲み物だけでは胃が満たされた感じがしませんので、食べられるものを出来るだけ食べるようにしたいものです。

ただし、食べられるものといっても、食べ過ぎるとダメなものもありますので注意するようにしましょう。では、つわりの時に注意するべき食べ物をご紹介したいと思います。

まず、「刺激物」です。刺激物とは、カレーなどのスパイスがきいたもので、胃腸に負担がかかりやすくなり、胃もたれの原因になることがあります。妊娠中は、ホルモンの影響でただでさえ胃もたれを起こしやすくなっています。刺激物の摂り過ぎには気を付けたいものですね。

また、よく聞く話ですが「ファーストフードなら食べられる」という妊婦さんも多いのです。特にポテトは、炭水化物ということもあり、食べやすいようです。これらもまた、食べ過ぎると油分の摂り過ぎになります。太る原因にもなってしまいますので、食べ過ぎは出来るだけ控えたいものです。

どうしても食べたい時は、つわりの時でも食べやすい野菜や果物などと一緒に食べるなど、栄養が偏らないように気を付けましょう。

つわりの時は、食べ物の好みも偏ることが多いですよね。また、「これだけしか食べられない、他のものは気持ち悪くなってしまう!」という人もたくさんいます。どうしてもダメな時は、量を決めて食べるなどの工夫をして、食べ過ぎを予防しましょうね。

妊娠初期のつわり中でも食べられる食べ物!人気ランキング

つわりで吐く時の食べ物でNGな物は?

つわりで吐き気が酷い時に、食べると吐き気を誘発してしまう食べ物があります。何種類かご紹介しますね。

まずは「乳製品」です。牛乳やヨーグルト、チーズなどですが、乳製品は脂肪やタンパク質のかたまりですので、消化の際に胃腸に負担がかかりやすいのです。普段であれば全く問題ないのですが、何回も吐いた後に食べますと、胃腸の負担になって嘔吐を誘発してしまうことがあります。出来るだけ避けるようにしましょう。

人によっては、みかんなどの柑橘系も、食べると吐きやすくなってしまいます。乗り物酔いをした時に、「柑橘系は止めたほうがいい」と言われたことはありませんか?柑橘類も嘔吐を誘発することがありますので、吐き気が酷い時は控えるようにして下さい。

つわりで吐くことが多いと、脱水症状になりやすくなります。吐きやすい食べ物、胃腸に負担がかかる食べ物は出来るだけ避けるようにして下さいね。

関連記事:
つわりで仕事を休む基準は?つらい時の乗り切りかたなど
つわりの原因とは?体質やホルモン、ストレスによる説
つわりのピークはいつまで?平均は妊娠6週~11週くらい?

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ