妊娠腺予防クリームは市販のものでも代用できる?

妊娠線予防

お腹が大きくなってくると、多くの妊婦さんにみられる妊娠腺は、予防することがいちばん効果的です。そのため、様々な種類の妊娠腺予防クリームが販売されています。ネットで多くみられますが、市販品でも代用出来るのでしょうか?ここでは、妊娠腺予防クリームの市販品についてまとめました。

スポンサーリンク

妊娠腺の予防はどうしたらいいの?

妊娠すると、お腹が大きくなり始める妊娠4か月頃から、妊娠腺が出来始める人がいます。約8~9割の妊婦さんに出来ると言われており、症状も様々です。酷い人になると、お腹だけではなく、太ももや胸、脇の下などにもみられることもあります。みみずばれのようにはっきりと出来てしまう人が多いですね。

妊娠腺のやっかいなところは、一度出来てしまうと、完全に元通りには戻らないことです。出産後はお腹の皮膚の緊張が取れますので、妊娠腺は薄くなりますが、白い線が残ってしまうことが多いようです。また、太ももや胸なども同様です。

あとが残ってしまうのは、とってもいやですよね…。ですので、妊娠腺は予防がいちばん大切になってきます。

基本的に、乾燥肌の人は妊娠腺が出来やすいようです。また、皮膚が硬い人も、皮膚に亀裂が起こりやすいので妊娠腺が出来やすい傾向にあります。このような人は、早くからケアを始めることが大切になってきます。

妊娠腺の予防は、妊娠腺予防クリームをぬるのが一般的です。産婦人科にも置いてある場合もありますが、ネットでも購入することが出来ます。妊娠腺予防クリームは、肌が敏感になっている妊婦さんにとって、優しく作られていますので、どれも安心して使用することが出来ますよ。

どのクリームが自分に合うのか分からない場合は、ネットの口コミなどを参考にしてみましょう。また、ママ友に聞いてみるのもいいですね。

ところで、妊娠腺予防クリームは市販品でも代用出来るのでしょうか?

妊娠腺予防クリームは市販品もあるの?

妊娠腺予防クリームは、もちろん市販品もありますよ。ドラッグストアやデパート、子ども服などを売っている量販店などに置いてあります。ただ、種類が少ないのが残念ですね。子ども用品のメーカーが出していることが多いので、どうしても偏ってしまうのです。

しかし、市販品でもじゅうぶんに代用出来るのですよ。ネットなどは、確かに種類が豊富にありますが、効果のほどは個人差がありますので、何を選べば良いのか本当に悩んでしまうのです。しかも、自分に合わなかったら、せっかく購入したのに辛いものがありますよね。

市販品ですと、テスターが置いてある場合もあります。試すことが出来るので、自分に合うか合わないかが分かって安心です。

また、妊娠腺の主な原因は、皮膚が乾燥していることと、体重が急激に増えることです。皮膚を乾燥させないようにすれば、妊娠腺予防クリームでなくても、オイルなどで代用も出来ます。また、一気に体重を増やさないようにすると、妊娠腺が出来にくくなるようです。

妊娠腺予防クリームを購入する時は、これらのことをよく考慮してから買うようにしたいですね。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ