妊娠腺を消す方法は何がある?

妊娠線

妊娠すると、お腹や胸などが急激に大きくなるために、皮膚がその変化についていけず、皮膚に亀裂が出来ます。これが妊娠腺なのです。

妊娠腺は、クリームをぬってマッサージをするなどの予防が大切ですが、それでも妊娠腺が出来てしまうことがあります。妊娠腺を消す方法は何があるのでしょうか?今からお話しさせて頂きますね。

スポンサーリンク

妊娠腺が出来るワケと対処法とは?

妊娠すると、急激にお腹や胸が大きくなってきます。また、妊娠中はホルモンの関係で、体に皮下脂肪が付きやすい状態になっています。お腹や胸が大きくなる、皮下脂肪が付きやすくなるということは、皮膚もぐんぐん伸びるということです。

お腹の膨らみに対して、最も伸びるのが、皮膚の上にある表皮という部分です。表皮のうに真皮、その下に皮下組織がありますが、真皮と皮下組織は表皮ほど伸縮性がないので、その伸びについていけず亀裂が起こります。これが妊娠腺です。

妊娠腺は、ほとんどの妊婦さんにみられます。約8~9割といったところでしょうか。

妊娠腺の出方は人それぞれで、みみずばれのようにはっきりと出来てしまう人もいれば、皮膚に薄く出来る人もいます。また、妊娠腺が最も出来やすいのはお腹ですが、胸や太もも、足の付け根やわきの下、おしりなどにも出来る場合があります。

妊娠腺が出来やすい人は、皮膚が硬くて弾力性のない人や乾燥肌の人などです。逆に妊娠腺が出来にくい人は、皮膚の伸びがよく、もち肌タイプの人です。妊娠腺が出来やすい、出来にくいというのは完全に体質ですので、出来てしまうのはどうしようもないのです。

予防策として、妊娠4か月頃からクリームをぬる、また、妊娠腺は皮膚が乾燥していると出来やすくなるため保湿を心がける、その際にマッサージをするという方法があります。

しかしそこまでしても、妊娠腺が出来る人は出来てしまうのです。では、一度出来てしまった妊娠腺は消すことは出来るのでしょうか?

妊娠腺を消す方法は?

妊娠中は皮膚が伸びきってしまっているため、妊娠腺が目立ってしまいますが、産後は表皮の緊張が取れて、脂肪細胞が少しずつ小さくなるため、毛細血管が見えなくなるまでに回復します。

しかし、一度出来てしまった妊娠腺は、完全に消すことは難しいのです。産後は皮膚に白っぽい線が残ってしまいます。本当に気になってしまいますよね。

妊娠腺はいわゆる「肉割れ」の状態ですので、肉割れ専用のクリームでケアをすると効果的です。口コミや芸能人のブログなどを見ると、「妊娠腺を消すクリーム」というタイトルで紹介されていますよ。しかし、効果は個人差がありますので、まずは気になる物から購入してみて使ってみて下さいね。

妊娠腺を完全に消すのは本当に難しいものです。しかし、何もケアをしないよりは、クリームをぬったりマッサージをしたりするほうが効果があります。諦めずに妊娠腺を目立たないようにしたいですよね。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ