女の子の産み分けを食事でする方法とは?

産み分け 食事

命は授かりものですが、せっかくなら希望する性別がいいな…と思うのが人間だと思います。女の子を希望するカップルは本当に多いですよね。1人目が男の子の場合、「2人目は絶対女の子!」というご夫婦も多いことでしょう。ここでは数ある産み分けの中から、食事による産み分けについてまとめました。

スポンサーリンク

食事による産み分けって効果があるの?

パパやママになる人なら誰でも「男の子がいいな」「女の子がほしい」などの、希望する性別があることでしょう。性別は単純に2分の1の確率ですが、その人の体質や生活環境によって、男の子ができやすい、女の子ができやすいなどがあるようですね。

最近よく話題になっている「産み分け」は、実に色々な方法があります。産み分けは、少子化の日本ではたくさんの人が行っているようです。ほとんどの人が、一生に何度もあるわけではない妊娠・出産・育児は、なるべく希望する性別のほうがいいですよね。特に女の子は育てやすいというイメージからか、希望される人が多いように感じます。

産み分けの原理は、ほとんどの方法において、性別を決定するX染色体とY染色体をどの様に活性化させるかがテーマになっているのです。このX染色体とY染色体は、男性の精子に含まれています。X染色体は酸性を好み、Y染色体はアルカリ性を好む性質があります。

酸性とアルカリ性はどこの環境で作られているのかと言いますと、女性の膣内の環境なのです。女性の生理周期によって、膣内は酸性かアルカリ性かに変化するのです。

染色体と膣内の環境を上手くかけあわせることで、産み分けが成功することがあります。

女の子の産み分けを排卵日でする方法とは?

産み分けの方法のひとつとして、日々の食事で精子の状態や膣の状態をコントロールする方法があります。効果のほどはと言いますと…やはり食事ですので、そればかりを食べるのは中々難しいため、効果があらわれるまでには時間がかかってしまう場合が多いようです。

しかし、何もしないよりは絶対に効果はあるという意見があります。体の内側から変わるので、効果が出ればかなり期待できると思います。それでは、食事による産み分けの方法をご紹介したいと思います。
 
 

食事による産み分けの方法って?

食事による産み分けの方法は、希望する性別の染色体を増やしたり、膣内の環境を酸性かアルカリ性、どちらかの状態になりやすくするのが基本の考え方です。

男の子が欲しい場合は膣内をアルカリ性に、女の子が欲しい場合は酸性になりやすい食事を摂るようにします。また、男性は、男の子がほしい場合はY染色体を、女の子が欲しい場合はX染色体を増やす食事をするようにします。

まず、男性は肉や魚などの大量摂取を避けるようにして、なるべく野菜中心の食事を摂るように心がけて下さい。野菜を多く摂ると、女の子が産まれやすいというデータがあります。また、逆に女性は、肉をたくさん食べるようにします。乳製品もいいでしょう。果物をたくさん食べるようにしますと、膣内が酸性を保ちやすいそうですよ。

これらの食事を積極的に摂るようにして、是非女の子を授かることが出来るといいですね。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ