女の子の産み分けと成功と失敗の確率は?

 産み分け 確率

晩婚化などにより、「どうしても女の子がほしい」というご夫婦は多いと思います。産み分けをした場合、女の子を授かる確率はどれくらいなのでしょうか?ここでは、女の子産み分けでいちばん確率が高い方法と、その確率についてまとめました。

スポンサーリンク

女の子の産み分けの方法で、より確実な方法とは?

女の子が欲しいというご夫婦は結構多いですよね。少子化や晩婚化に伴い、自分たちが希望する性別の子を授かりたいという思いは、とても大きいものになりました。そこで、産み分けの方法が世にたくさん出回るようになったのです。

いちばん安全かつより確実な方法は、「病院に行って産み分けをする」ことです。産み分けでいちばん大切なことは、排卵日をいかに正確に予測出来るかという点にあります。よく「生理開始後14日頃に排卵される」と言われていますが、そのような人は逆に少ないかと思います。人間の体は機械ではありませんので、その時の体調や精神状態に左右されがちです。

実は排卵は医師にも予測が難しいのです。排卵はその人のクセのようなものがあります。一般的に、卵子を包む卵胞が約20mmを超えると、排卵されると言われています。しかし、18mmで排卵する人もいれば、25mmで排卵する人もいるのです。

それを見極めるためには、病院でエコーによる卵胞チェックをするしかありません。排卵前と排卵後の卵胞の様子はひとめで分かります。卵胞の大きさをチェックし、排卵日を予測し、その後にきちんと排卵されているかチェックするまでが、排卵の時期を見極める流れになるのです。

女の子の産み分けを排卵日でする方法とは?

しかし、排卵後のチェックまでする病院は少ないかも知れません。しかし、病院に行くと排卵前に血液検査などをしてくれるので、自分で基礎体温と排卵検査薬を併用するよりも、より確実に排卵日を予測することが出来るのです。

排卵日の予測をし、それに合わせて夫婦生活をもつように指導されます。女の子が欲しい場合は、膣内を酸性に保つ必要がありますから、病院によってはピンクゼリーをすすめられることもあるでしょう。ピンクゼリーは膣内を酸性に保つことが出来ます。

しかし、ピンクゼリーは医療用ではないので、その点はよく理解をした上で使用するようにして下さいね。

女の子の産み分け、成功する確率は?

病院に行って産み分けをしたとしても、成功する確率は70~80%程度と言われています。実はそこまで確率が高いわけではないんですね。残りの20~30%は男の子が授かるということになります。産み分けの方法は、どれも絶対ではないのです。

唯一100%確実なのが、体外授精による産み分けですが、日本では倫理的な観点から、体外授精による産み分けは行われていません。

タイやアメリカなどで行われていますが、渡航費用や滞在費、体外授精の費用などを合わせると莫大な費用になってしまいます。「どうしても女の子でないとだめ!」というご夫婦なら海外での産み分けも視野に入れてもいいかと思いますが、まずは授かった命を大切にするという気持ちが大切なのかも知れませんね。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ