女の子の産み分けにはピンクゼリーが効果的!使い方は?

ピンクゼリー

女の子の産み分けに効果があると言われているピンクゼリーは、どの様なメカニズムのもとに作られているのでしょうか?また本当に効果があるのでしょうか?ここでは、ピンクゼリーの入手方法や使い方、効果、またピンクゼリーの副作用についてまとめました。

スポンサーリンク

ピンクゼリーって何?使い方は?効果はあるの?

産み分けが盛んに行われるようになってから、ネット上で何かと目にするようになったピンクゼリーは、女の子の産み分けに効果があると言われています。

女の子の産み分けを成功させるには、膣内を酸性に保つ必要があります。酸性に保つことで、男の子の元になるY染色体の精子の元気がなくなり、逆に女の子の元になるX染色体の精子が元気に動き回ることが出来るようになるのです。

しかし、女性が妊娠しやすい時期は排卵日の前日や排卵日頃と言われています。その時、膣内は精子が生きやすいようにアルカリ性に変化するのです。排卵日近くになると、頸管粘液(おりもの)の分泌が増えますよね。このおりものが膣内をアルカリ性にする働きがあるのです。

余談ですが、出生率の男女差は、女の子に比べて男の子が若干多いのです。その理由は排卵日の夫婦生活に原因がありそうですよね。

そこで「ピンクゼリー」の登場です。ピンクゼリーは、膣内を強制的に酸性にする働きがあります。膣内が酸性になるので、男の子の元になるY染色体の精子は、生きにくくなりますよね。

ピンクゼリーのよいところは、排卵日の前日や排卵日当日にも使用出来る点にあります。妊娠する確率も高まるので、一石二鳥ですよね。

使い方ですが、夫婦生活の10分くらい前にピンクゼリーを膣内に入れて、5分ほど腰を高くしておきます。これでOKです。とっても簡単ですよね。この方法であれば、夫に気づかれずに使用することも出来ます。

排卵日のみで産み分けをする場合、女の子希望であれば、膣内を酸性に保つために、夫婦生活は淡泊にすませることが絶対条件になってきます。ピンクゼリーを使用することで、その様な心配もなくなりますよね。

ピンクゼリーは、一般のドラッグストアなどでは販売されていません。ネットで購入することが出来ます。1本で4回も使えますので、結構お得ですよね。実際にピンクゼリーを使用して見事女の子を授かったご夫婦は多いみたいです。

この様に、女の子が欲しいご夫婦にとって、ピンクゼリーは強い味方なのですが、副作用などはないのでしょうか?

ピンクゼリーの副作用について

ピンクゼリーは実は中国産なのをご存知でしたか?中国産だからといって偏見の目で見るわけではありませんが、やはり問題が多いことは確かですよね…。

また、海外の商品ですので、何かあった時の保証がどこにもないのも辛いところです。はっきりとした副作用が報告されているわけではないのですが、やはり大切な膣に使うものですから、使用の際は慎重になったほうがよいかも知れませんね。

また、ピンクゼリーは1本4回の使い回しタイプなので、衛生面も気になります。

もし購入を検討されている場合は、このようなリスクも含めて考えてみて下さいね。

女の子の産み分けを病院でやったら費用はどのくらい?

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ