つわりで仕事を休む基準は?つらい時の乗り切りかたなど

つわり 仕事

働く妊婦さんで、つわりの症状がある場合、本当に辛いことと思います。家族には「辛い、しんどい」と気軽に言えても、職場の人には中々言えませんよね。また、つわりは「なってみないと分からない」のです。つわりの辛さを説明しても、中々分かってもらえないものです。ここでは、働く妊婦さんの辛いつわりの乗り切り方と、仕事を休む基準などについてまとめました。

スポンサーリンク

つわりが辛い!仕事を休む基準は?

仕事をしている場合、つわりの症状があると本当に辛いですよね。辛いからとすぐに横になれるわけでもなく、座ることさえままならないと思います。仕事をしながら妊娠し、つわりがある場合の基準はあるのでしょうか?

つわりの症状や時期は、本当に人それぞれですので、「○○の症状が出たら仕事を休む」などの明確な基準はないのです。しかし、つわりの辛さは経験してみないと分からないものです。

経験したことのあるママでも、つわりが軽いタイプであった場合「そんなことで仕事を休むの?」と思われることもあるでしょう。重かった人でも、つわりの辛さは忘れてしまうことが多いものなのです。男性ならなおさら、つわりの辛さは分からないと思います。

そこで大切なことは、妊娠したら例え超初期でも、上司には報告しておきましょう。「流産する可能性もあるし、報告しなくてもいいんじゃない?」と思う人もいるかも知れませんが、仕事となると話は別です。妊娠初期は、いつ体調が悪くなるか分からないため、もしかすると周りに迷惑をかけてしまうこともあると思います。

ですので、上司には妊娠したことを必ず報告しておきましょう。報告をしておけば、もしかすると楽な部署に異動させて頂けるかも知れませんし、周りの仕事仲間も配慮をしてくれると思います。「配慮してくれて当たり前」ではなく、必ず感謝の気持ちを伝えるようにしたいものです。

また、あまりにつわりが辛い時には、母子手帳に添付してある「母子健康管理指導事項連絡カード」を活用することが出来ます。これは、働く妊婦さんを守るためのもので、提出すると通勤の緩和や勤務時間の短縮などを勤務先にとってもらうことが出来ます。働く妊婦さんは法律で守られていますので、どうしてもつわりが辛くて仕事に支障が出る…といった時には、是非活用して下さいね。尚、当然ですが医師の許可が必要になってきます。

妊娠初期の眠りづわりはいつまで続くのか?仕事中の対策方法は?

つわりが辛い時の仕事の乗り切り方とは?

つわりが辛いからといって、すぐに休むと周りに迷惑をかけてしまう、または自分の仕事が遅れてしまう…という時の、乗り切り方をご紹介しますね。

まず、吐き気が酷い時は出来るだけ口の中に食べ物を入れておくようにしましょう。職場の環境にもよりますが、あめやガムで誤魔化すのも手です。通常、空腹時に吐き気を感じやすくなるので、この方法は有効です。

また、時間があれば、小さなおにぎりやパンなどを食べるのもひとつの方法ですね。とにかく空腹の時間をなくすようにしてみて下さい。

また、頭痛や倦怠感が酷い時には、上司や周りの人に報告するようにして下さい。無理をすると、症状が余計に悪化してしまうことがあります。少しでも休めば、仕事がはかどることでしょう。

働く妊婦さんは本当に大変ですが、周りの人の協力を得ながら、頑張ってつわりの時期を乗り越えたいですね。

関連記事:
つわりを軽減する方法まとめ!ツボ、音楽、飲み物など
つわり時の頭痛や吐き気対策!症状を和らげる方法は?
つわりのときの食べ物でダメだった、悪化する食べ物とは?

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ