妊娠中期の下腹部痛!チクチク、ズキズキの原因と対処法

妊娠中期 下腹部痛

やっとつわりも終わり、胎盤も出来上がって体調が良くなってくる妊婦さんが多い時期が妊娠中期です。しかし、妊娠中期でも下腹部がチクチクしたりズキズキすることがあるのです。ここでは、妊娠中期の下腹部痛の原因と対処法についてまとめました。

スポンサーリンク

妊娠中期の下腹部痛の原因とは?

妊娠中期(妊娠15週~27週頃)は、妊娠中の期間で最も体調が安定している時期です。よって、妊娠中期は「安定期」とも呼ばれていますよね。つわりもおさまってきて、お腹もまだそこまで大きくなく、胎盤も出来上がっていますので、身体的にも精神的にも安定しているんですよね。

この時期になると、少し旅行に行ったり、買い物をしたり、マタニティスポーツを始める妊婦さんが多くなります。妊娠後期に入ると、お腹の赤ちゃんが急激に大きくなるために、動きづらくなってマイナートラブルも増えてきます。後期に入る前に、色々なことにチャレンジしておくのもいいですよね。

しかし、いくら安定期だからといっても、全くトラブルがないわけではありません。特にお腹の赤ちゃんは大きくなるので、それに伴い子宮も大きくなっていきます。それによって、下腹部が痛むことがあったり、お腹が張る感覚があったりするのです。

妊娠初期には下腹部痛がある人が多いと思いますが、妊娠中期にもないわけではありません。しかし、前述したように、下腹部痛のほとんどは、子宮が大きくなるときの痛みだと言われています。

子宮が大きくなるときに、収縮しながら大きくなるのですが、子宮が収縮すると痛みが伴うものです。時にはお腹の張りとして感じることもあるでしょう。しかし、それは生理的な痛みですので、心配のないことがほとんどです。

妊娠初期に生理痛のような腹痛・痛みがあるのは普通?

下腹部がチクチク、ズキズキする時の対処法は?

妊娠初期のように、下腹部がチクチクしたりズキズキしたりする痛みは、妊娠中期でも緩感じることがあるようです。

この様な痛みを感じたら、まずは横になって安静にしてみましょう。外出先や仕事先など、すぐに横になれない時は、座るだけでも全然違います。少し休んで、おさまるようであれば、全く問題はありません。生理的な痛みでしょう。

逆に、休んでもおさまらない場合は、ちょっと心配かも知れません。子宮が大きくなるときの収縮は、短時間でおさまるものです。しかし、体に負担がかかるなどして収縮している場合は、痛みが中々おさまりません。このように収縮している時は、子宮頸管が短くなってしまい早産の原因となってしまう場合があります。

しばらく安静にしてもおさまらない時は、産婦人科を受診したほうが安心かも知れません。子宮の収縮が生理的なものなのか、そうでないのかは受診してみないと分からないからです。

妊娠中期で体調が比較的好調でも、妊娠中であることに変わりはありませんので、くれぐれも無理はしないようにして下さいね。

妊娠初期症状の腹痛!下痢やチクチクした痛み

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ