妊娠初期の喫煙の影響!流産率も上がる?

妊娠初期 喫煙

妊娠中の喫煙は、胎児にはもちろん、母体にも多大な影響をもたらします。もし何の問題もなく産まれてきたとしても、将来的に何らかの問題があらわれてしまう可能性があることも分かっています。ここでは、妊娠中の喫煙の影響と、妊娠初期喫煙による流産についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

喫煙がもたらす胎児や母体へのリスクとは?

妊娠前から喫煙の習慣がある女性はいらっしゃると思います。本当は、妊娠を意識し出した時点で禁煙をするべきだとは思いますが、中々そうはいかない現実があるのも事実ですよね。
 
まず、妊娠に気づいた時点で禁煙をしましょう。煙草に含まれるニコチンや一酸化炭素は、胎盤を通過しますので胎児の発育にダイレクトに影響します。よって妊娠初期に限らず、妊娠中の喫煙は胎児や母体に対するリスクが多くあります。

ニコチンは血管収縮作用があるため、母体の血流が悪くなります。また、一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結合します。

本来、ヘモグロビンは酸素とも結合し、それによって体中に酸素が送られるのですが、一酸化炭素と結合することで運ばれるべき酸素の量が減少してしまいます。そうすると、母体の酸素が不足し、必然的に赤ちゃんに送られる酸素の量も不足するのです。

よく言われているトラブルが「低体重児」ですね。低体重児とは、2500g未満で産まれた赤ちゃんのことを言いますが、喫煙をすることによって低体重児のリスクはおよそ3倍になります。また、胎児がお腹の中で十分に育つことが出来ない「子宮内胎児発育遅延」も喫煙によってリスクが上がります。

また、妊娠36週未満で産まれてしまう「早産」のリスクもおよそ2.5倍にもなります。

どちらのデータも「喫煙することによって、子宮内の環境が悪くなる」ということを証明していると思います。

もし喫煙をしていて妊娠に気づいたら、今すぐに禁煙しましょう。

妊娠初期の喫煙による流産の確率について

妊娠初期とは、妊娠12週未満のことを言います。この時期の流産は、そのほとんどが胎児の染色体異常です。残念ですが、その受精卵は、育つことの出来なかった運命にあるのです。

だからと言って、妊娠に気づいても喫煙をしていたらどうなるのでしょうか?喫煙は上記のようなリスクがあります。妊娠12週以降の流産や早産は、母体側に原因があることが多いのです。

妊娠初期から喫煙をしていた場合、流産のリスクは間違いなく上がるでしょう。しかも、喫煙していたためにです。悔やんでも悔やみきれないですよね。また「早産」はよく聞かれるために、早産で産まれても新生児集中治療室にいれば、何の問題もないと思われるかも知れません。

妊娠22週以降~36週未満で産まれてしまうのを早産と言いますが、仮に22週で産まれてしまった場合、赤ちゃんが助かる見込みは約20%、助かっても何らかの障がいが残る確率は80%以上です。早産は想像しているよりもリスクが高いのです。

また、妊婦さんのみが禁煙しても、身近にいる人間が喫煙していると少なからず影響は受けます。「受動喫煙」は、煙草を吸っている人と同じくらいのニコチンや一酸化炭素を体内に受けていると言われています。妊婦さんの周囲の人も是非禁煙をしましょう。

関連記事:

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ