妊娠初期の倦怠感はいつまで?原因や対策方法は?

倦怠感

妊娠初期の倦怠感は本当に辛いものです。酷い時には、周りには「怠けている」とも思われがちですが、倦怠感とは頑張ってもどうにかなるものではないのです。ここでは、妊娠初期の倦怠感の原因と症状、またその対策などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

妊娠初期の倦怠感の原因とは?

妊娠初期症状によくある「倦怠感」。これは悪阻の一種と言われており、多くの妊婦さんが経験するものです。誰もが感じる妊娠初期の倦怠感に原因はあるのでしょうか?

実ははっきりとしたことは分かっていないのですが、「女性ホルモン」が関係している説が濃厚のようです。妊娠すると、女性ホルモンである「エストロゲン」や「プロゲステロン」が大量に分泌されるようになります。

妊娠していない時は、エストロゲンとプロゲステロンが多く分泌される時期は交互にやってきます。しかし、妊娠時には胎児の発育を促したり、出産に迎えて母体の調子を整えたりするため、両方のホルモンが分泌されるようになります。この急激なホルモンの変化に、体が慣れていないので倦怠感を起こしやすいという説です。

妊娠初期の倦怠感はどんな感じ?

妊娠初期の倦怠感の感じ方は人それぞれです。体が重くて動きたくなくなったり、動きが緩慢になったり、頭にもやがかかってしまったようにボーっとしてしまったり、常に眠気があったり、疲れやすくなってしまったり。

酷くなると何もしたくなくなり、気分も沈みがちになってしまいます。まさに「マタニティブルー」と呼ばれる状態です。

たかが倦怠感と思わないで下さい。倦怠感からくる体の不調が、心にまで影響する可能性があるのがこわいところなのです。特に妊娠初期は、慣れない体の変化でとても疲れやすい時です。

個人差はありますが、動くのがとても辛いものなのです。一説では「妊娠初期の体力の消耗は、登山する時の運動量に匹敵する」とも言われているほどです。どうしても

気持ちが内にこもりやすくなってしまいます。そうすると「マタニティブルー」になりやすくなってしまうのです。

マタニティブルーは、悪化すると心療内科などの受診が必要になる場合もあります。この様に、妊娠初期の倦怠感は放っておくとこわいものなのです。では、倦怠感の対策方法はどの様なものがあるのでしょうか?

妊娠初期の倦怠感、対策方法とは?

出来る人、無理のない範囲で構いませんので「意識して生活にメリハリを付ける」ことがいちばん大切かなと思います。

妊娠初期は悪阻などで本当に辛い時期です。しかし、辛い時期もいつかは終わりが来ます。何とか気持ちを奮い立たせてみましょう。早寝早起きをしたり、日光を浴びるだけでも体はリセットされるものです。家事などは出来るものだけで構わないと思います。

また、リラックスタイムを設けるのも大切ですね。お風呂が好きな人ならお風呂にゆっくり入る、音楽を聴く、好きな映画を観るなど自分が心からリラックス出来る時間を作りましょう。そうすることで「また頑張ろう!」という気持ちが出てくるかも知れません。

メリハリのある生活→リラックスタイム→メリハリのある生活という風に、頑張り過ぎないように、ダラダラしてしまわないように意識して生活することが大切です。

関連記事:

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ