妊娠初期に海やプールに行くのは大丈夫?

妊娠初期 海

妊娠初期プールに行くのってOKなの?と不安になりますよね。医師に聞くのがいちばんなのですが、ここでは妊娠初期の海やプールに行くことのリスクについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

妊娠初期の海は止めておいたほうがいい?

海に行く予定があるのに妊娠が分かった、また妊娠初期だけど足だけ浸かるくらいなら大丈夫かな…そう考える人も多いと思います。

まず、妊娠初期の海水浴は控えておいたほうが無難でしょう。

妊娠初期は体調がすぐれない時期です。さらに海に行くのはほとんどが暑い日ですよね。妊娠初期は「今日は大丈夫!」と思っていても、いつ体調に変化が起こるか分からない時期です。

さらに、妊娠中は母体の免疫力が落ちます。最近やウイルスに感染しやすくなるのです。海には感染の元となる最近やウイルスがたくさん存在します。普通の状態ならば、海は湿度もありますので比較的感染はしないのですが、やはり妊娠中は感染しやすい状態といえます。

また、膣の自浄作用も落ちていますので、海に入ることで膣のトラブルにもなりかねません。海で泳ぐのは、妊娠初期は止めておきましょう。

そして、いくら暑い日の海とはいえ、入ると冷えに繋がります。海水は意外と冷たいことも多いものです。妊娠中、特に胎盤が完成していない妊娠初期に体を冷やすのは、血流が悪くなるので避けたほうがいいですよね。また、中期や後期でも、医師の許可をとってから行かれるようにして下さいね。

例え足に浸かる程度でも、日焼けによるダメージが心配です。妊娠初期は日焼けをするとシミになりやすいなど皮膚のトラブルも起きやすくなります。よって、妊娠初期の海へのレジャーは自重するようにしましょう。

妊娠初期のプールは大丈夫?

妊娠初期のプールは、海ほどではありませんが気を付けておきたい点があります。

まず、プールはどうしても体が冷えやすいです。温水プールでもやはり冷えてしまいます。冷やし過ぎるとあまりよくありませんので、どうしても!という人以外はプールも控えて下さい。

また、夏のプールは色々なウイルスがいます。代表的なものがプール熱ですね。アデノウィルスの一種で、高熱が続くのが辛い病気です。プールも湿度が高いので、ウイルスの増殖はそう活発ではありませんが、プール熱などの夏風邪の一種は湿気にも結構強いものです。

よって、妊娠初期は控えておいたほうがベストでしょう。

しかし、妊娠中期になって安定期に入ると、マタニティスイミングが出来るようになります。妊娠の状態や経過によっては医師から止めるように言われる場合もありますが、それ以外の人なら医師の許可が出れば誰でも入れます。プールは安定期に入るまで我慢するのもひとつかも知れませんね。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ