妊娠初期に基礎体温が下がる原因とは?流産の可能性は?

妊娠初期 基礎体温

受精卵が着床すると、妊娠が成立しプロゲステロンという女性ホルモンが活発化し始めます。実はこのプロゲステロンは、非妊娠時でも排卵後から生理開始頃に多く分泌されるホルモンです。プロゲステロンは基礎体温を上げる働きがあります。

妊娠初期基礎体温下がる場合の原因や流産との関係を説明していきます。

妊娠初期に基礎体温が下がった!原因は何?

妊娠が成立しないと、プロゲステロンは徐々に消失し、基礎体温が下がり生理が始まります(まれに体温が高いまま生理が始まる場合もありますが、生理開始1~2日ほどで体温が下がります)。

しかし、妊娠が成立しますと、胎児の発育を促したり、子宮内膜の維持につとめようとプロゲステロンが多く分泌されるようになり、基礎体温が高温期のまま推移するというわけです。

ですので、高温期が16日以上続いている場合は妊娠の可能性があるのです。

妊娠初期に基礎体温を測っていて、突然下がったということはあると思います。そもそも、基礎体温は周囲の温度や自身の体調、または基礎体温計自体の不調によって、容易に変化するのです。高温域からいきなり低温域まで下がるということはあまりないかも知れませんが、ほんの少し下がる程度、また下がっても1~2日経ってまた高温域まで戻った場合は、問題はないかと思われます。

妊娠初期に基礎体温が下がる原因は、上記のような理由である場合が多いですが、徐々に下降していく、低温期のまま何日経っても高温域に戻らないという場合は注意が必要かも知れません。

妊娠初期に基礎体温が低温期のまま、流産の可能性は?

妊娠初期(妊娠4週~12週ぐらいまで)に基礎体温が低温期のままですと、もしかすると流産の可能性もあるかも知れません。

妊娠12週辺りから、卵巣から分泌されていたプロゲステロンは、胎盤から分泌されるようになるので基礎体温は下がります。それ以前に基礎体温が下がり、低温期のまま推移するということは、純粋に考えると卵巣から分泌されているプロゲステロン(黄体ホルモン)が消えつつある、または消えたということです、という事は、胎児は育つことが出来ず、結果流産となる、と考えられるわけです。

しかし、これはあくまでも「可能性」の話で、例え妊娠初期に基礎体温が下がりそのまま低温期のままでも、流産しない場合もありますし、高温期のままだったのに突然流産してしまい、その後もしばらく高温期が続く…ということもあります。

基礎体温が下がったからと言って流産するという考えは、すこし早計ですね。また、基礎体温に一喜一憂するのがストレスになる場合は、基礎体温の計測は止めましょう。

と言いますのも、妊娠12週未満の流産はほとんどが胎児の染色体異常が原因です。医師でも止めることの出来ないものなのです。もし仮に、基礎体温が低温期のままの場合、流産の兆候かも知れないですが、残念ながら流産は止められないものなのです。また逆に流産しない場合もあります。

不安なら、産婦人科を受診するようにして下さいね。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ