妊娠初期のカフェインの影響や適切な量はどれくらい?

妊娠初期 カフェイン

妊娠が判明した時に気になるのが「コーヒーや紅茶って今まで通り飲んでも大丈夫なの?」ということだと思います。

カフェインは私たちの生活に身近にあるものなので、胎児の影響などとても気になりますよね。ここでは、妊娠初期カフェインの摂り過ぎによる胎児や母体への影響、またカフェインの適切な量をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

妊娠初期のカフェインの影響は?

妊娠初期でも「コーヒーや紅茶が飲みたい!」という人は多いと思います。また、悪阻で食べ物は受けつけないのに飲み物はOKという人もいますよね。また「無性にカフェインが飲みたい!」という人もいます。

そんな時気になるのが「胎児のカフェインの影響」です。

まず、カフェインは胎盤を通過しやすい成分です。これは妊娠初期でも同じです。ママが摂取したカフェインが、赤ちゃんにそのまま移行していると考えてもよいでしょう。

カフェインは、興奮したり覚醒したりする作用がありますよね。これは胎児にも同じ作用があります。また、カフェインを大量に摂取すると、胎児発育遅延となる場合があります。低体重児になりやすいということですね。

また、カフェインは、鉄分の吸収を妨げてしまう働きがあります。妊娠初期でも鉄分は大切な栄養素です。また、カフェインには利尿作用がありますので、尿からカルシウムが流れていきやすくなります。鉄分とカルシウム、妊娠中はとても大切な栄養素ですよね。これらの吸収が妨げられるとなると、母体にとってもあまり良いことはないでしょう。

妊娠初期はカフェインを我慢しなければいけないの?どれくらいの量なら大丈夫?

では、妊娠中はコーヒーや紅茶などを我慢しなければいけないのでしょうか?答えは「NO」です。カフェインを我慢することで、ストレスがたまるくらいなら摂取したほうがママや赤ちゃんにとってもいいのです。

ストレスは脳の視床下部にダイレクトに影響します。視床下部はホルモン分泌を司る器官です。妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンが大量に分泌されることで、胎児の発育を促したり、母体を出産に備えさせる働きをしています。ストレスがたまると、ホルモンの分泌が阻害されるおそれがあるのです。

しかし、カフェインをただ飲みたいだけ飲むというのも考えものです。目安として、コーヒーは1日2~3杯、紅茶は1日1~2杯、煎茶は1日3~4杯程度なら、胎児に影響はないとされています。

グラムで表しますと、大体1日に300gくらいとなります。妊娠前にあまりカフェインを摂らなかった人には意外に多く感じられるかも知れませんね。また逆に、普段からコーヒーや紅茶をたくさん飲む人は、我慢を強いられると思います。

ただし、我慢出来るのであれば我慢をしたほうが良いのもまた事実です。カフェインを我慢する事と、それによるストレスを天秤にかけてみて下さいね。

関連記事:

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ