妊娠初期の車の運転!長距離には要注意!

妊娠初期 車

妊娠が分かるとそれまで普通にしていたことが、急に不安になりますよね。車の運転もそうだと思います。ここでは、妊娠初期車の運転に対する注意点と長距離運転の危険性についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

妊娠初期の車の運転は大丈夫?

妊娠前から頻繁に運転していた人や、車がないと不便な場合、妊娠初期に運転しても大丈夫なのか不安になりますよね。胎盤が完成していないので、細かな振動なども気になりますし・・・。

結論から申し上げますと、「体調が良いなら運転してもOK」です。具体的に言うと、妊娠初期はどうしても悪阻など体調が悪い日が多いと思います。また、妊娠していない時と違い体温が高いことやホルモンの関係で眠くなりやすいのです。さらに、妊娠初期に限らず、妊娠中はどうしても注意力が散漫になりがちなのです。

そういった意味では、車の運転は出来るだけ控えたほうがベターと言えます。しかし、妊娠中も働いている人や、2人目妊娠中の人は上のお子さんの送迎など車に乗る機会は妊娠前と変わらないでしょう。最近は特に、妊婦さんでも運転をされている人が多いですよね。

今まで運転していたのに、妊娠を期に運転を控える人は、少ないかも知れません。車は便利ですからね。

ですので、運転する時は、いつも以上に気を付けることです。そして、少しでも体調が悪いな、今日は眠いなと感じたら、運転は控えて下さい。車の事故というのはほんとに一瞬で起こります。もしお腹の赤ちゃんに何かあったら、悔やんでも悔やみきれませんよね。妊娠中はくれぐれも無理は禁物なのです。

また、妊娠中でもシートベルトはきちんと着用しましょう。妊娠中のシートベルトの付け方などは助産師さんなどが指導して下さいますよ。
 
 

妊娠初期の長距離運転がNGな理由とは?

いくら妊娠前から運転に慣れているからといって、妊娠が分かってからの長距離運転は避けましょう。その理由は、前述した通り妊娠中は注意力が散漫になりやすく、特に妊娠初期は体調が悪い時が多いですよね。

例え「今日は大丈夫!」と思っていても、長距離運転となると時間の経過と共に体は疲れてくるでしょう。そうでなくとも妊娠初期は疲れやすくなるものです。そういった意味では、妊娠初期の長距離運転は危険です。初期に限らず、妊娠中の長距離運転は避けるようにして下さい。

体調が悪くなる以外にも長距離運転を避けたほうがいい理由があります。それは「エコノミー症候群」です。エコノミー症候群とは、長時間同じ姿勢で座ったままでいると、脚の静脈の血流が悪くなり、膝の裏あたりに血栓(血のかたまり)が出来ることから始まります。この症状だけならまだ軽いほうで、脚やひざが腫れたり、動機や息切れがあらわれる場合があります。つまり、血の流れがそこにとどまってしまうわけです。

かなり怖いことを書きましたが、これは最悪の場合です。エコノミー症候群を防ぐにはこまめに立ち上がったり、足をマッサージすることで防ぐことが出来ます。

ただし、妊娠初期は胎児のために体の水分が多くなります。つまりむくみやすくなるのです。ですので、エコノミー症候群が起こりやすい状態といえるでしょう。

この観点から言っても、妊娠初期の長距離運転は避けたほうが無難なのです。

関連記事:

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ