妊娠初期にインフルエンザの予防接種をするのはOK?

インフルエンザ 予防接種

インフルエンザは「冬の風物詩」と言われるほどに毎年大流行しますよね。今から流行るという時期に妊娠が分かってしまった・・・、予防接種をしたいけど大丈夫なのかな…と不安に思われる人も多いと思います。インフルエンザウイルスの説明と、妊娠初期予防接種をしてもよいのかをお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

インフルエンザはどんな病気?

毎年10月~3月頃に大流行するインフルエンザは、油断するととても怖いウイルスです。

まず、インフルエンザは、学校保健法で第2種感染症に指定されています。ちなみに、第1種はエボラ出血熱などの絶対隔離が必要な病気、第2種はインフルエンザやアデノウィルスなどの絶対隔離とまではいかないけれど、感染すると重症化しやすい病気、第3種は手足口病やウイルス性胃腸炎など、いわゆる風邪の一種で感染しても比較的軽症で済む病気となっています。階級が上がるごとに、重くなるという認識ですね。

インフルエンザは、感染すると高熱、咳が出ます。また、髄膜炎や肺炎などの合併症が比較的起こりやすいのです。しかもインフルエンザウイルスは色々な型があり、毎年流行る型が違います。ですので「インフルエンザにかかったことがあるから免疫がある」という考えは間違っているのです。

事実、2009年には新型インフルエンザが大流行しましたね。これは誰も免疫がなかったので大流行したわけですが、インフルエンザに限らず、ウイルスというのは人の免疫力に負けまいと、その型を少しずつ変える性質があるのです。

妊娠初期にインフルエンザの予防接種をしたいけど・・・

このように感染すると重い症状にみまわれてしまうインフルエンザですが、妊娠中の女性が感染すると重症化しやすい傾向にあります。

というのも、妊娠中は胎児を育てるために免疫力が低下します。これにより、ウイルスや菌に感染しやすくなったり、感染した場合重症化してしまう確率が上がるのです。

予防出来る病気は予防したいですよね。インフルエンザはご存知の通り予防接種があります。「妊娠初期にインフルエンザの予防接種をしても大丈夫?」という質問は本当に多いそうですが、結論から言いますと「大丈夫」です。

インフルエンザワクチンは、不活化ワクチンといって、一度殺したウイルスを投与するので副作用も少ないのです。「副作用が心配!」「妊娠初期なのに薬やワクチンって大丈夫なの?」と思われる人もいると思いますが、インフルエンザワクチンはワクチンであり、薬ではないのです。

前述したようにウイルスを一度殺しているので、副作用は少ないです。さらに、何にでも副作用はつきものですが、インフルエンザにかかるリスクと、副作用のリスクを天秤にかけた場合、明らかに後者のほうがリスクが少ないのです。これが「妊娠初期にインフルエンザの予防接種をしてもよい」という理由です。

ただし、インフルエンザワクチンは、その年に流行るであろうウイルスの型を予想し、それを投与します。従って、違う型が流行ると効果があまり期待出来ないのです。

予防接種をしたからと安心するのではなく、妊娠中はなるべく人混みは避ける、睡眠を取る、マスクをする、手洗いうがいをする、栄養をきちんと摂るという予防も大切なのです。

妊娠初期にインフルエンザにかかった場合、胎児への影響はあるのか?

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ