妊娠初期に必要な栄養は葉酸!食事の注意点

妊娠初期 栄養

胎児の重要な器官が形成されると言われている妊娠初期は、栄養の観点から言っても大切な時期です。しかし、悪阻などで体調が悪いことが多い時期でもありますよね。食べたくても食べられない時はどうすればいいのでしょうか?ここでは、妊娠初期に必要な栄養素と、摂り過ぎに注意する栄養素についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

妊娠初期に必要と言われる葉酸について

妊娠初期あるいは妊娠を考えている女性は、葉酸を積極的に摂るよう厚生労働省が勧めています。これは、葉酸が胎児の神経管閉鎖障害による、胎児の先天性以上のリスクを減らすことが出来るという結果が出たことによります。

厚生労働省は、「妊娠を考えている女性または、妊娠の可能性がある女性は、葉酸を食品及び栄養補助食品から400ug/日摂取することが望ましい」としています。

では具体的に、妊娠するいつぐらい前から、妊娠何か月ぐらいまでたくさん摂ればいいのかというと、「妊娠する3か月くらい前から妊娠3か月ぐらいまで」という医師が多いですね。

何故かというと、妊娠を考えている女性は出来るだけ早い段階から、葉酸を摂っていたほうが効果が大きいためです。また、妊娠初期は胎児の心臓など、重要な器官が出来る時期です。この時期に葉酸をたくさん摂ることで、胎児の先天性障害のリスクを減らすことが出来るのです。

ただし、葉酸がいくら良いからといって、たくさん摂ればよいというわけではありません。葉酸を摂り過ぎると、産まれた子どもが喘息になりやすくなったり、じんましんなど皮膚のトラブルがあらわれるリスクが上がるという調査結果が出ています。

このことから、葉酸は一日当たり1000ugまでを目安に摂ることが勧められています。

葉酸は色々な食べ物に含まれていますが、動物性食品には注意が必要です。基本的に、動物性のものは植物性に比べて必要な栄養素が多量に摂れます。同時に吸収率もよく、効果的で即効性があります。

反面、食べ過ぎると摂取する量が多くなり過ぎてしまいます。例えば、ほうれん草100gに対して含まれる葉酸は110ugですが、加熱後の鶏レバー100gに含まれる葉酸は約500ugです(加熱時間や調理方法によっても違います)。動物性と植物性、両方をバランスよく食べることが大切です。
 

妊娠初期に必要な栄養素、葉酸の他は?

妊娠初期は胎児の重要な器官が出来る大切な時期です。結論から言いますと「全ての栄養素が必要」となります。しかし、妊娠初期は悪阻などで体調が悪く、あまり食べられない人や、水分でさえもうけつけない人がいます。

以上のことかが、妊娠初期は「色々な栄養素をバランスよく、食べられる時に食べる」ということが基本になります。よく言われる鉄分ですが、安定期になり悪阻がおさまってからたくさん食べるようにすれば充分です。

逆に、摂り過ぎに注意する栄養素はビタミンAです。これは厳密に言いますと、動物性ビタミンAに含まれる「レチノール」の過剰摂取を抑えることです。レチノールを摂り過ぎると、産まれてくる赤ちゃんに、目の病気などのリスクが高まると言われています。ただし、植物性のビタミンAにはレチノールは含まれていません。むしろ積極的に摂って下さいね。

また、お寿司や刺身などに含まれる水銀にも注意が必要です。水銀は海での食物連鎖において、上位に位置する魚に多く含まれています。マグロやサケなどの大型の魚ほど、水銀を多く含んでいる可能性があります。これらの魚は、一週間に約100gを目途に摂取するようにしましょう。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ