妊娠初期のアロマは禁忌?ラベンダーやグレープフルーツは?

妊娠初期 アロマ

私たちにリラックス効果をもたらしてくれるアロマは、マッサージなどに使用したりお風呂に数滴垂らして使うオイルタイプのものと、焚くことで香りを楽しむお香タイプがあります。

アロマは普段の生活で使用する分には全く問題ないのですが、妊娠初期に使用するとなると注意が必要です。

妊娠初期のアロマの使用はOK?

妊娠初期は肌がとても敏感になっています。妊娠前に平気であったシャンプーがだめになったり、化粧水が合わなくなったという話はよく聞きますよね。アロマも全く同じです。ですので、アロマを使用する時は、オイルタイプのものではなくお香タイプのものを使用し、香りを楽しむ程度にしたいものです。

どうしてもオイルを使用したい場合は、パッチテストを行ってから使用するようにしましょう。二の腕などにオイルを少しつけて、赤くなったりしなければ大丈夫です。アレルギーの簡易検査の方法ですね。しかし、肌が敏感になっているのは間違いないので、あまり大量に使用しないようにして下さいね。

妊娠初期に使用してはいけないアロマがある

お香タイプでも、妊娠初期は使用するのを控えたほうがいいアロマがあります。と言いますのも、アロマの香りは、通経作用といって、月経を促す作用のあるものがあります。つまり流産の心配があるのです。もちろん、使用したからといって必ず流産してしまうということではありませんが、妊娠初期は非常に敏感な時期です。使用しないに越したことはないでしょう。
 

ラベンダーは大丈夫?

リラックス効果の高いラベンダーの香りは、アロマでとても人気ですよね。しかし、ラベンダーには通経作用があります。安定期に入るまでは使用しないようにしましょう。他に通経作用のあるアロマは、カモミール、セイジ、ジャスミン、ゼラニウム、ペパーミント、ローズマリーなどです。すべてアロマではよく使用される香りです。妊娠初期はこれらの使用を控えたほうがベストです。
 

グレープフルーツなどの柑橘系は大丈夫?

妊娠中にアロマを楽しみたいのなら、通経作用のない柑橘系がおすすめです。グレープフルーツは香りもさっぱりしているので、気分が優れない時にもいいかも知れませんね。また、食欲を抑える働きがありますので、安定期に入って食欲が戻った時に、食べ過ぎ防止としても使用できますよ。
他にもオレンジの香りがあります。オレンジは殺菌作用もあるので風邪防止にも効果的です。また、妊娠中特有のイライラもしずめてくれます。

妊娠初期のイライラとPMSの症状の違いや対処法 | 妊活サプリランキング

また、柑橘系ではありませんが、ネロリも通経作用がありません。これは花のアロマで優しい香りがします。妊娠腺の予防にも効果があります。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ