妊娠超初期症状の着床出血とは?期間や量・色はどのくらい?

妊娠超初期症状 着床出血

妊娠を望む女性なら、一度は聞いた事があるかも知れない「着床出血」。生理の前触れの出血なのか、それとも着床出血なのか…妊娠を待ち望む女性は本当にハラハラしてしまいますよね。そもそも妊娠超初期症状の着床出血とはどの様なものなのか、、または着床出血の期間はどのくらいなのか、生理の出血と着床出血の見極めについて説明します。

スポンサーリンク

着床出血とは?

受精卵が子宮内膜に着床する際に、絨毛(じゅうもう)が子宮の壁を傷つける事があります。その時に軽い下腹痛や出血を伴う事があります。この出血が「着床出血」です。着床出血は個人差があり、全くない人もいれば、妊娠時に毎回見られる人もいます。ただ、確率的には結構低くて、着床出血が見られるのは50人に1人ぐらいの割合です。

ちなみにこの着床出血、医学的な用語ではありません。いわゆる「俗語」です。ですので、着床出血がないからと言って、着床していないわけでは決してないので安心して下さいね。

敏感な方は「あ、今着床したかも…」と分かる人もいるそうです。そしてその時に出血する…これが着床出血ですね。ただ、こんなに敏感な人はそういないでしょう。

後から振り返って「あれは着床出血だったのかも…」程度のものです。故に、量も少なく、かつ生理時のように経血である場合は少ないようですね。茶色のおりものっぽいものや、たまに真っ赤な鮮血である場合があります。いずれにせよ、量は少ない事が多いようです。

妊娠超初期症状の出血の原因や量!鮮血は大丈夫?
 

着床出血の時期は?

着床出血の時期は、着床してから数日~1週間程度がほとんどです。着床の時期は、排卵から約1週間~10日後と言われています。従って、妊娠が成立=着床していた場合、その時期に見られる出血は着床出血ということになります。

元々生理不順な方は、着床出血なのか見極めが難しいですよね。また、生理が順調な方でも、まれに生理周期が変動する場合がありますので、その場合も着床出血の見極めは難しいものです。
 

着床出血の見極めの方法は?

着床出血なのか、普段の生理なのか、見極めはとても難しいですよね。いくら量が少ない、経血でない場合が多いからといって、これが着床出血!というのは分かりません。もしかしたら生理の前触れの出血かも知れませんし・・・これを見極める方法は、「基礎体温」です。

基礎体温は低温期と高温期がありますよね。この体温の上下は黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響です。黄体ホルモンは、排卵後には必ず分泌され、基礎体温は高温期に入ります。非妊娠時には、黄体ホルモンは排卵から約2週間で退化し、それに伴って基礎体温も低温期になり生理がきます。

妊娠初期に基礎体温が下がる原因とは?流産の可能性は?

妊娠が成立すると、黄体ホルモンの分泌が盛んになり、基礎体温は高温期のまま推移します。高温期が2週間以上続いているのなら妊娠の可能性があります。

その頃に出血があれば、「着床出血」という事になる訳です。ただ、高温期が続く事が前提ですから、やはり後からにならないと、着床出血とは分からないかも知れませんね。
 

関連記事:

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ