妊娠初期におすすめの運動と避けたほうがよい運動

妊娠初期 運動

妊娠初期に運動したほうがいいの?と疑問に思われる人もいると思います。妊娠初期は、体調が悪い時もありますが、気分転換も必要なのです。「ちょっと体を動かしたいな…」と思う日もあるかも知れません。

そんな時、どの様な運動ならしてもよいのでしょうか?また、避けたほうがよい運動はあるのでしょうか?妊娠初期運動についてご説明させて頂きますね。

スポンサーリンク

妊娠初期に運動は必要?

妊娠初期は体が劇的に変化する為、大変疲れやすい時です。また、多くの人に悪阻が始まり、動くのもやっとという人もいます。そんな時に運動は必要なのでしょうか?体調が悪ければあえて運動する必要は勿論ありません。

そうでなくても、妊娠初期はエストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンが大量に分泌される為に、運動しなくても疲れやすいのです。体内では運動に匹敵する動きが起こっていると言ってもいいと思います。

ですが、ずっと家にいても気分が滅入る時がありますよね。その様な時に、少しでも体を動かせば気分も晴れるかも知れませんね。

妊娠初期におすすめの運動

妊娠中全般に言える事ですが、動きは基本的に「ゆっくり」「ゆったりとした気持ちで」です。そこでおすすめの運動は、ウォーキングです。気分転換が目的の場合は、本格的なウォーキングでなくても充分です。

安定期に入ってから、腕をしっかり振って足もかかとから…等のウォーキングをされると良いと思います。妊娠初期は、散歩程度と考えられた方が良いでしょう。

他にも、ゆったりとした動きのヨガもおすすめです。最近は産院などで「マタニティヨガ」を実施している所があります。マタニティヨガは、普通のヨガとは違い、体に負担をかける事なく、無理のないポーズを取ります。妊娠初期でも出来るのでおすすめです。勿論、気分転換にもなりますよ。

後は、妊娠する前に自分が継続的にしていたスポーツなら、医師からOKが出る場合があります。一度医師に確認してみて下さいね。

妊娠初期に避けたほうがよい運動

妊娠初期は、着床した受精卵が根を張る時期なので、出血しやすい時期です。運動をしたからと言って、流産に繋がるわけでなないのですが、それでも激しい運動は控えたほうが良さそうです。体調もあまり良い時期とは言えませんので、ゆっくりとした動きが基本ですね。

また、重い物を持つ運動などもNGです。お腹に負担がかかってしまいます。

ただ、欧米などでは、妊娠初期でも運動に関しては特に医師から注意はないそうです。それは、激しい運動や動きをしたからといって、それが流産に繋がるというエビデンスがないからなのです。

それは確かにそうでしょう。妊娠初期にスイミングをしている人もいるし、ジョギングをしている人もいます。ただ、前述した通り、妊娠初期は非常に不安定な時期です。もし激しい運動をして、残念ながら流産してしまったとします。

運動したから流産したとは言えませんが、「あの時あの動きをしなければ、流産しなかったかもしれない…」という後悔の念に駆られるかも知れません。念の為に、激しい運動は避けられたほうが無難です。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ