妊娠初期のお風呂の入り方!のぼせには注意

妊娠初期 お風呂

妊娠前からお風呂が大好きだった人も、妊娠すると体調が悪くなってしまうため、お風呂に入るのが辛くなってしまうことがありますよね。また、妊娠中はのぼせやすい状態になっていると言えるのです。ここでは、妊娠初期お風呂の入り方で気を付ける事と、入浴によるのぼせ防止についてまとめました。

スポンサーリンク

妊娠初期の入浴は大丈夫?

妊娠初期は、つわりなどで体調が悪い日が多いですよね。冬場などはお風呂に入るのも億劫になってしまう人もいるでしょう。しかし、妊娠初期でも基本的には入浴をされたほうが良いのです。

と言いますのも、妊娠すると新陳代謝が活発になり、汗をかきやすくなったりして体が汚れやすくなります。また、妊娠によっておりものが多くなったり、膣に雑菌が入りやすい状態になっています。

毎日入浴したり、シャワーを浴びたりして清潔にしておかないと、たちまち不衛生な状態になってしまうのです。特に怖いのが、膣から細菌が入ることによる膣炎です。妊娠中に膣炎にかかりますと、比較的弱い薬しか使えませんので、治りが悪くなったり、長引いてしまう可能性があるのです。膣炎を放っておきますと、お産の時にお腹の赤ちゃんに影響がある場合があります。

体調が悪く、本当に辛いと思いますが、清潔を保つためにも頑張って入浴するように心がけて下さいね。

妊娠初期の入浴時間はどれくらい?入浴剤の選び方

妊娠初期の入浴は、のぼせに注意!

妊娠初期でも、冷え防止のために出来るだけお湯につかるようにしましょう。ただし、気を付けたいのが「のぼせ」です。

のぼせは、入浴することで体調が悪くなる状態のことですが、妊娠中はのぼせやすくなっているのです。特に妊娠初期は、体調が悪いことが多く、お湯に入ることでさらに気分が悪くなってしまうことがあります。

また、妊娠前よりも体が大きく変化しているため、妊娠前に長湯をしても平気だった人が、妊娠すると急にのぼせやすくなってしまうこともあり得るのです。

そこで、妊娠初期は特に入浴によるのぼせに注意するようにして下さいね。

のぼせ対策としまして、入浴前には水分を多めに摂ってから入浴するようにしてみて下さい。また、お風呂に水筒などを持って入浴するのも良いですね。のぼせる原因は、脱水が原因であることが多いので、まずは脱水を予防するようにしましょう。

また、長時間お湯につかるとのぼせやすいので、なるべく分割して入浴するようにします。体を洗ってから一度入り、洗髪してまた入る、など時間を分けて入浴し、ずっとお湯につかっている状態がないようにしましょう。

さらに、高温のお湯ですとのぼせやすいので、お風呂の温度は出来るだけ38~40℃程に調節するように心がけましょう。熱いお湯が好きな人は、短時間で上がるようにするか、分割入浴がおすすめです。いちばん良いのは、ぬるま湯での半身浴でしょう。妊娠初期でも、負担なく体を温めることが出来ますよ。

また、気分が悪くてどうしても入浴が出来ないという人は、頑張ってシャワーで清潔を保つようにして下さいね。

関連記事:

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ