二人目の妊娠初期に気をつけること!上の子は抱っこしてもいい?

妊娠初期 気をつけること

二人目妊娠が分かったママは嬉しさを感じる反面、不安も感じると思います。それは「上の子」のことです。二人目妊娠時は、一人目の時とは違い、中々ゆっくり出来るものではありません。

妊娠初期に上の子を抱っこしても大丈夫なのでしょうか?また、二人目妊娠中に、上の子と上手に関われる秘訣はあるのでしょうか?気をつけることなどにについてお話しさせて頂きます。

スポンサーリンク

二人目妊娠中に気を付けることとは?抱っこはOK?

上の子の育児もある程度落ち着いて、めでたく二人目妊娠!しかし、二人目の妊娠は一人目の時とは違い、色々と気を付けることがあります。

まず、妊娠中の気を付けることは、一人目も二人目も基本的には変わりません。無理をしない、体を冷やさない、なるべく重い物は持たないなど色々ありますよね。

しかしながら、二人目の妊娠となると、上の子がいるため中々ゆっくり出来ないのが現状です。上の子の年齢や性格にもよりますが、年齢が小さいほど妊婦さんは大変になります。

つわりで気持ちが悪い中、上の子のご飯を作らなければなりませんし、ずっと家にいると上の子もストレスがたまるので、外に出て遊んであげなければなりません。また、旦那様の帰りが遅いご家庭ですと、お風呂も一緒に入らないといけませんので、結構大変なのです。

また、お子さんによっては、ママの妊娠を敏感に察知して、赤ちゃん返りをする子もいます。ずっとママにべったりで「抱っこして~」と甘えてきます。いくら妊娠中とはいえ、無下には出来ないですよね。

基本的に、お腹が張ることの少ない妊娠初期は、上の子を抱っこするのは問題がないと言われています。ただし、切迫流産などでドクターストップがかかっている場合は別ですが・・・

お腹の赤ちゃんももちろん大切ですが、上の子もかけがえのない我が子です。体調が悪くない時は、出来るだけ上の子を甘えさせてあげて下さいね。上の子も、突然自分だけのママではなくなり、とても不安なのです。

また、上の子を抱っこしたくらいでは、赤ちゃんは流産しません。妊娠初期の流産の原因は、ほとんどが染色体異常です。また、染色体異常以外の原因でも、母体の血液がとても固まりやすいなどが原因なのです。

ママは少し辛いかも知れませんが、抱っこする時はソファに座りながらなど、工夫をしてたくさん抱っこしてあげて下さいね。

二人目妊娠中に少しでも楽をする方法は?

ただでさえ体が辛い妊娠中に、上の子のお世話もあるし家事もしなければならない…ママは結構大変なのです。たまには惣菜を買ってきたり、ネットスーパーを利用するなどして家事は手抜きするようにしましょう。

家事を手抜きするのは、人生の間でほんのひと時です。妊娠、出産時くらいは手抜きしても全く問題はないですよ。旦那様にもお話しして、是非分かって頂きましょう。

また、上の子のお世話がどうしても辛い、息抜きしたいという時は、預かり保育などを利用するのも手です。どちらにしろ、出産時には上の子はママと離れなければなりません。練習がてら、預けてみても良いと思いますよ。預けるのも、ほんのひと時です。下の子が産まれても、結構上の子優先になってしまうものですので、預けることに罪悪感を感じる必要は全くありません。

下の子が産まれるまでに、出来るだけたくさん上の子を甘えさせてあげて下さいね。

二人目の妊娠でもサプリメントを摂取する

1人目の時に葉酸サプリを利用した人、しなかった人いらっしゃるかと思います。

流産などの危険を減らし、健康なお子さんを授かるためにも、2人目の妊娠前、妊娠初期必ず葉酸サプリは摂取しておくことをお勧めします。

当サイトではママ達に人気の葉酸サプリをランキング形式で掲載していますのでご覧になてみてくださいね。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ