妊娠初期の服装の注意点!ジーパンは履いても大丈夫?

妊娠初期 服装

妊娠すると、ホルモンの分泌の影響で、ママの体はどんどん変化していきます。妊娠初期は、そのような変化が著しい時期であると言えます。でも、まだお腹が大きくなるわけでもないので、妊娠前の服を着ても良いのか悩むところだと思います。また、ジーパンを履いても大丈夫なのでしょうか?ここでは、妊娠初期服装ジーパンの着用についてまとめました。

スポンサーリンク

妊娠初期のベストな服装は?

妊娠すると、どんな服装がベストなのか不安になってしまいますよね。妊娠初期はまだお腹がそこまで大きくならないため、締め付けすぎる服装でなければ、基本的に妊娠前の服装で問題がないことが多いと思います。

ただし、下着は早目にマタニティ用のものに変えたほうがいいでしょう。妊娠中に冷えは大敵です。妊娠前の下着ですとお腹が冷えやすくなってしまいます。マタニティ用の下着ですと、お腹にかなりゆとりがある上に、すっぽりと包んでくれますので保温効果もあるのです。

また、妊娠すると肌が敏感になりやすくなります。マタニティ用の下着は、肌に優しい素材で作られていますので、下着による肌荒れの防止にもなります。

さらに妊娠しますと、ホルモンの分泌の影響で、妊娠初期から胸が大きくなり始めます。妊娠前のブラジャーですと窮屈に感じてしまうばかりか、赤ちゃんに母乳を与えるための乳腺の発達も阻害されてしまう可能性があるのです。ブラジャーも早目にマタニティ用を購入するようにして下さいね。

マタニティ用の下着は、デパートや赤ちゃん用品を売っているお店などで購入できますよ。

妊娠初期にジーパンはOK?

それでは、妊娠初期ジーパンを履くのは大丈夫なのでしょうか?

最近問題になっていることなのですが、スキニーのジーパンを履いた状態で長い時間足や太ももなどを圧迫していると、足の血流が悪くなってしまい、一種のエコノミー症候群のような状態になってしまうことが報告されています。

足などを圧迫することにより、足の血液や水分の流れが遮られてしまい、一か所にとどまることで、極度のむくみや足の痺れなどが起こってしまうわけです。酷い場合は、病院で治療が必要になる場合もあります。

ですので、妊娠に関わらず、スキニーのジーンズを履いた状態で、長時間過ごすのは避けたほうが良いかと思います。また、妊娠初期はスキニーは履かないほうが良いでしょう。

妊娠すると、ホルモンの影響でただでさえむくみやすくなります。そこにスキニージーンズなどの体を締め付けるタイプの服装ですと、血流がさらに悪くなってしまうのです。ですので、妊娠したらなるべくゆったりした服を着るように心がけたいものです。

ただ、履き慣れたゆったりタイプのジーパンであれば、問題ないと思います。妊娠中期頃になり、お腹が大きくなってくると流石に履くことが出来なくなりますが、妊娠初期は目立ってお腹が大きくならないので、履くことは出来るでしょう。

妊娠しても、出来るだけおしゃれを楽しみたいものですね。

関連記事:

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ