妊娠初期に豆乳を飲んでもいいのか?イソフラボンに注意?

豆乳

妊娠初期の妊婦さんで「牛乳はだめだけど、豆乳なら飲める」という人は多いかも知れません。牛乳はカルシウムが豊富に含まれており、優秀な飲み物なのですが、タンパク質と脂肪が多いため胃腸に負担がかかりやすい飲み物でもあります。たまに「牛乳を飲んだら必ず下痢が出る」という人がいらっしゃるのは、このような理由からなのです。

スポンサーリンク

妊娠初期の豆乳の摂取について

妊娠初期は、つわりで吐いてしまう人も多いでしょう。そのような時に、胃腸に負担がかかる飲み物を飲むと、さらに吐き気を誘発してしまうことでしょう。

対する豆乳は、見た目は牛乳とよく似ていますが、豆腐を作る過程で余った大豆製品ですので、植物性タンパク質が多く含まれています。においもあまり気にならないので、つわりがあっても飲める人は多いみたいですね。わりとさっぱりしているのも、飲みやすい理由だと思います。

豆乳は、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンを始め、レシチンなどの脂肪を代謝する働きや、サポニンなどの肥満を防止してくれる物質がたくさん含まれています。とても優秀な飲み物であると言えます。

妊娠初期で豆乳を飲むこと自体は、全く問題ありません。むしろ、つわりであまり食べられない時に、豆乳などの栄養価の高いものを飲むのは、母体や胎児にとっても良いことなのです。

妊娠初期は大豆イソフラボンの過剰摂取に注意!

このように豊富な栄養素が含まれている豆乳ですが、もちろん飲み過ぎには注意が必要です。

前述しましたが、豆乳には大豆イソフラボンという女性ホルモンに似た物質が含まれています。女性ホルモンの代わりになるという意味ではなく、あくまで似た働きをする物質です。

妊娠初期に、大豆イソフラボンを過剰摂取しますと、産まれてくる赤ちゃんの生殖機能に何らかの影響があると言われているのです。具体的にどのような影響があるのかは、まだ研究段階ですので分かっていませんが、過剰摂取をしないにこしたことはないでしょう。

では、豆乳は1日にどれくらいまでなら安心なのでしょうか?一般的には、1日約200mlぐらいであれば、全く問題はないと言われています。過剰摂取というのは、毎日1Lほどの豆乳を、妊娠中ずっと飲んだほどの量であって、豆乳自体に問題があるのではありません。その「飲み方」に問題があるのです。

しかし、豆乳は体を冷やす作用もあります。妊娠中に冷えは大敵ですので、あまりたくさんの量を飲むことはおすすめ出来ません。妊娠初期に豆乳を飲む場合は、出来るだけ1日200ml程度に抑えたいものですね。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ