妊娠初期に食事の添加物が与える影響とは?

添加物

妊娠すると、母体が食べたものがお腹の赤ちゃんに影響するので、食品添加物が気になりますよね。ところで、食品添加物はどういったものを指すのでしょうか?また、安全な添加物とそうでない添加物はあるのでしょうか?ここでは、妊娠初期に避けるべき添加物などについてまとめました。

スポンサーリンク

食品添加物とは何?体に影響のない添加物は?

市販されている加工食品は、すべて「食品原料」と「添加物」の2種類の原材料で作られています。「食品原料」とは、米や魚、肉などの「素の食材」です。

対して「添加物」とは、旨みを強くするために使われる「調味料」や、彩りをよくする「着色料」、日持ちをよくするために使われる「保存料」や、甘みを強くするための「甘味料」などがあります。

この添加物のおかげで、食品が美味しく感じたり、保存性がアップしてより使いやすくなったのです。

さらに添加物には「指定添加物」と「既存添加物」があります。指定添加物は、厚生労働省が安全性を認めているものですが、そのほとんどは石油製品などから合成されたものなのです。一方、既存添加物は、動物や植物性由来の天然の添加物ですが、安全性が認められていないものもあります。

添加物が使われているかどうかは、商品のラベルを確認することで分かります。添加物が使われている順番が多いものから記載が義務づけられています。ただし、添加物に使われている物質はとても多いため、「一括表示」が認められているものがあります。基本的に、一括表示が認められているものは、問題がない添加物と考えて良いと思います。

乳化剤、酸味料、香料、調味料、膨張剤、pH調整剤、イーストフード、豆腐用凝固剤、かんすい、苦味料、光沢剤、酵素、ガムベース、チューインガム軟化剤などが一括表示が認められている添加物です。

では、摂ると危険な添加物は何なのでしょうか?

妊娠初期に避けるべき添加物

  • アステルパーム(甘味料)
    脳腫瘍との関連性が認められています。

  • アセスルファムK(カリウム)
    犬を使った実験なのですが、肝臓へのダメージが指摘されています。
  • スクラロース(甘味料)
    ラットを使った実験では、免疫力の低下が指摘されています。
  • BHA
    ラットを使った実験では、発がん性が認められています。
  • ソルビン酸(保存料)
    最近に突然変異を起こしたり、染色体異常を起こしたりします。
  • OPP、OPP-Na、TBZ、イマザリル、ジファニル(防カビ剤)
    輸入時の柑橘系のカビを防ぐために使われています。発がん性があったり、催奇形性が認められています。
  • サッカリン、サッカリンNa(甘味料)
    動物実験で、発がん性の疑いが持たれています。
  • 過酸化水素(漂白剤)
    発がん性が認められています。
  • 亜硝酸Na(発色剤)
    ハムやウインナーなどに使われています。毒性が強く、発がん性に変化することもあります。
  • 安息香酸Na(保存料)
    急性毒性が強く、ビタミンCと化学反応を起こして白血病を起こすベンゼンに変化することがあります。
  • タール色素 赤色2号、3号、40号、102号、104号105号、106号、黄色4号、5号、青色1号、2号、緑色3号(着色料)
    発がん性の疑いが持たれています。特に赤色2号は発がん性の危険性が高く、アメリカでは使用禁止になっています。

添加物は出来るだけ摂らないほうがもちろん良いのですが、無添加食品だけ食べるというのは中々難しいものです。上の添加物を参考にして、出来るだけ避けるようにして下さいね。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ