妊娠初期の入浴時間はどれくらい?入浴剤の選び方

妊娠 入浴

妊娠初期入浴時間は、気になる人が多いと思います。入浴することによって、お腹の赤ちゃんに負担がかかることはあるのでしょうか?また、普段から入浴剤を使用している人は、妊娠初期でも入浴剤を使用し続けてもよいのか不安になりますよね。ここでは、妊娠初期の入浴時間と、入浴剤についてまとめました。

スポンサーリンク

妊娠初期の入浴時間はどのくらいがベスト?

妊娠初期はホルモンの分泌や、つわりなどの影響で体調が悪い人が多いですよね。そんな時に入浴をしても良いのか疑問に思う人もいるかと思います。

妊娠初期の入浴は、切迫流産などで医師から止められていない限り、妊娠前と同様の入浴時間でもOKです。妊娠中の冷えは大敵ですので、入浴することにより体を温めることはとても有効なのです。

ただし、妊娠前にあまり長い時間入浴をしなかった人が、妊娠して冷え防止のために長時間入浴するのはあまりおすすめ出来ません。長く入浴すること自体、体が慣れていない上に、長時間湯船につかることによって気分が悪くなってしまうおそれがあります。そのような人は、短時間で切り上げても良いと思います。

妊娠初期におすすめの入浴方法は「半身浴」です。半身浴はお腹辺りまでお湯につかり、体を温めます。全身お湯につかると、短時間で熱くなってしまうのに対し、半身浴は長い時間をかけて、ゆっくりと体を温めていきます。体への負担が少ないのも半身浴なのです。しかし、半身浴中に気分が悪くなったり、何か体に異変を感じたら、すぐに入浴を中止するようにして下さいね。

妊娠初期にサウナや岩盤浴を避けたほうがいい理由とは?

妊娠初期の入浴剤選びの注意点は?

妊娠すると、肌が敏感になりやすくなり、妊娠前までは大丈夫だった入浴剤が、突然肌荒れのもとになったりする可能性があります。だからといって、お腹の赤ちゃんに影響があるわけではありませんので安心して下さいね。

妊娠初期は、ホルモンバランスの影響で体に不調があらわれたり、イライラしやすくなっています。そんな時に入浴剤を使うことで少しでもリラックス出来るのであれば、是非使用されて下さいね。

入浴剤の肌荒れが心配なのであれば、使用する前に入浴剤を少しだけ二の腕などにつけてみて下さい。赤くなったりしなければ大丈夫ですよ。入浴剤は、出来るだけ保湿効果の高いものを選ぶと良いと思います。

また、妊娠初期に避けたほうがいい入浴剤は、発汗作用のあるものや、クールタイプなどの極端に冷たさを感じるものなどです。発汗作用によって、思った以上に汗をかいてしまい、脱水症状に陥りやすくなります。また、冷たさを感じる入浴剤は、体を冷やしてしまうことがあるのです。

また、妊娠初期はにおいにも敏感になっていますので、入浴剤のにおいがダメになってしまったら、使用しないほうが良いでしょう。

妊娠初期の入浴剤は、出来るだけ刺激の少ないものがベストです。自分のお気に入りの入浴剤を見つけて、妊娠初期でもバスタイムを楽しみたいですよね。

関連記事:

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ