妊娠初期に辛いものは食べてもいいの?キムチはOK?

キムチ

辛いものと言えば刺激物…というイメージがありますよね。刺激物を食べ過ぎると体に良くない…と昔から言われていますが、実際のところどうなのでしょうか?また妊娠初期辛いものを食べても大丈夫なのでしょうか?

さらにキムチの効果とはどのようなものなのでしょう?ここでは、妊娠初期に辛いものを食べることについてまとめました。

スポンサーリンク

妊娠初期に辛いものを食べてもOK?

辛いものと言えば、何を思い浮かべるでしょうか?ここでいう「辛いもの」とは、塩辛いものではなく、カレーやキムチなどのスパイスがきいた食べ物を指します。

妊娠初期は、「絶対過敏期」と呼ばれる時期で、胎児の重要な器官が形成される大切な時期です。ですので、辛いものを食べると赤ちゃんに影響があるのではと考えてしまうと思いますが、全く影響はありません。

もし影響があるならば、キムチをたくさん食べる韓国の妊婦さんに問題が出てくるでしょう。また、本場インドのカレーの辛さは、日本の比ではありませんよね。

スパイスそのものが赤ちゃんに悪影響なのであれば、インドの妊婦さんも問題があるということにあります。しかしそのような話は聞いたことがありませんよね。ですので、妊娠初期に辛いものを食べたからといって、胎児には何の問題もないのです。

スパイスは体を温めてくれる作用があります。辛いカレーなどを食べると、汗がじんわりと出てくることがありますよね。それは、カレーに含まれるスパイスが、体を芯から温める働きがあるからです。妊娠初期に冷えは大敵です。体の冷えを予防するためにも、カレーやキムチなどの辛いものを食べるのは良いことなのです。

ただし、何でもそうですが食べ過ぎ、摂り過ぎは体によくありません。辛いものを摂り過ぎると、塩分過多になり妊娠高血圧症候群になる可能性があります。また、痔になりやすくなったり、悪化させたりする心配もあるのです。

いくらインドの妊婦さんがカレーを食べても問題ないからといって、その辛さに慣れていない日本人が一気に大量に食べると、胃もたれなどの原因になりかねません。

まして妊娠中は、ホルモンの分泌の影響で胃もたれを起こしやすくなっています。辛いものをたくさん食べ過ぎてしまうと、便秘や下痢などの原因になる可能性がありますので、普段通りの量を食べるようにしましょうね。

妊娠初期にキムチは大丈夫?

実はキムチは、非常に栄養面にすぐれた食品なのです。よく言われているのが、キムチに含まれる乳酸菌ですね。キムチには「ラクトバチルス」という乳酸菌がたくさん含まれているのですが、胃酸に強くすぐに腸に到達します。スピーディーに腸内環境をよくしてくれるのです。便秘や下痢に悩みがちな妊娠初期の妊婦さんにとって、強い味方になってくれるでしょう。

また、ビタミンを多く含むのでスタミナアップの効果もあります。キムチは白菜から出来ていますので、つわりがある人でも比較的食べやすいと思います。

このように、キムチは栄養が豊富で、つわりであまり食べられない人におすすめの食品です。

ただし、こちらも食べ過ぎはよくありません。妊娠初期は体調が悪いですが、出来るだけ栄養バランスを考えて食べるようにしたいですね。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ