妊娠初期の注意点!注意すべきことをまとめてみました

注意点

妊娠初期はとてもデリケートな時期です。してはいけないことや、日常生活においての注意すべきことをまとめています。参考にして頂き、妊娠初期の生活に役立ててみて下さいね。また、気になることや不安なことは、積極的に医師や助産師に相談するようにして下さい。

スポンサーリンク

妊娠初期の注意点

喫煙

妊娠中の喫煙は、母体の血流が悪くなったり、煙草に含まれる一酸化炭素やニコチンの影響により、流早産の原因となる場合があります。また、胎児に栄養がきちんと送られなくなるため、子宮内胎児発育不良となり、低体重児として産まれてしまう確率が高くなります。

さらに、出産後も喫煙をしているとSIDS(乳幼児突然死症候群)の原因になることもあり、WHOも妊娠中や育児中の喫煙を避けるよう指示しています。喫煙は「百害あって一利なし」なのです。

妊娠初期の喫煙の影響!流産率も上がる?

飲酒

妊娠中にアルコールを摂取すると、産まれてきた赤ちゃんに発達障害があらわれることがあります。「ビール1杯程度なら…」と思われるかも知れませんが、飲酒しないに越したことはないのです。また、アルコールは母乳にも移行します。妊娠中したらすぐに飲酒は止めましょう。

妊娠初期のお酒の胎児への影響!上手な断り方は?

自己判断で薬を服用する

妊娠初期は絶対過敏期と言われ、胎児の重要な器官が形成される大切な時期であるとともに、薬による胎児への影響が最も出やすい頃です。薬を服用する場合は、必ず産婦人科医の指示を仰ぐようにして下さいね。また、妊娠前に薬を服用していた人も、その旨を必ず産婦人科医に伝えましょう。

妊娠中は、時期によって禁忌となる薬もありますのでくれぐれも注意するようにして下さい。

カフェインの摂り過ぎ

妊娠初期に摂ってもよいカフェインの量は、1日180ml~200mlと言われています。コーヒー1~2杯までなら大丈夫という医師もいます。妊娠中にカフェインを大量に摂取すると、産まれた赤ちゃんに様々な問題があらわれることがあります。

ただし、これはあくまでも毎日大量に飲んだ場合のようです。産婦人科医から指示がある病院が多いので、1日の摂取量を守るようにしたいですね。

・水銀を含む食材の大量摂取
魚の中で食物連鎖の上位に位置するマグロやサケなどは、そうでない魚に比べ、水銀をたくさん含んでいることが多いのです。妊娠初期に体内に入っても安全な水銀の量は、1週間に100~120gほどと言われています。

美味しい魚ばかりで我慢するのは辛いところですが、お腹の赤ちゃんのためにも頑張って我慢するようにして下さいね。

妊娠初期に食事の添加物が与える影響とは?

ビタミンAの摂り過ぎ

妊娠初期にビタミンAを大量に摂取すると、胎児に奇形が発生する確率が上がるという報告があります。ビタミンAは、レバーやウナギなどに多く含まれています。ただし決して食べてはいけないわけではありません。食べ過ぎに注意するようにしましょう。

妊娠初期に必要な栄養は葉酸!食事の注意点

重い物を持つ

重い物を持つと、腹圧がかかってしまいます。腹圧がかかったからといって、すぐに影響があるわけではありませんが、お腹が張りやすくなってしまいます。重い物は極力持たないようにしましょう。

妊娠初期におすすめの運動と避けたほうがよい運動

体を冷やし過ぎる

体が冷えると血流が悪くなったり、お腹が張りやすくなってしまいます。お腹はなるべく温めるようにしましょうね。ただし、温め過ぎるのもよくありません。「保温」を心がけるようにしましょう。

ストレスを溜めない

ストレスがあると、脳の視床下部に影響が出てきます。視床下部はホルモンの分泌を司る器官なので、ダメージを受けるとホルモンのバランスが悪くなり体調不良の原因になります。

自分なりのストレス解消法を見つけて、ストレスを溜め込まないようにしたいですね。

妊娠初期にはストレスがたまりやすい!赤ちゃんへの影響は?

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ