妊娠初期にはストレスがたまりやすい!赤ちゃんへの影響は?

妊娠初期 ストレス

妊娠初期は悪阻などで体調が悪い日も多く、外出したくても出来ないことがありますよね。また、家事をしようにも体が思うように動かず、イライラしてしまうこともあると思います。妊娠初期のストレスの原因は何なのか、赤ちゃんへの影響はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

妊娠初期のストレスの原因

妊娠初期は、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンをはじめ、様々なホルモンが胎児を育てるために大量に分泌されています。また、母体も出産に向けて、骨盤が徐々に開き始めたり、乳腺が発達したりとそれまでにはなかった変化があらわれ始めます。このホルモンの変化が、悪阻を引き起こしたり体がだるくなったりする原因と考えられています。

さらにこの劇的なホルモンの変化は、精神面にまで影響を及ぼします。妊娠中に分泌される女性ホルモン「プロゲステロン」は、大量に分泌されるとイライラを引き起こしやすくなります。よく生理前にはイライラしてどうしようもないという人がいますよね。これはプロゲステロンが原因と考えられています。

体が思うように動かせない、今までと違う自分の体への戸惑いや不安、大量のホルモンの分泌…これらが重なり合うことで、精神面にも多大な影響をもたらすのです。

また、周囲の理解の問題もありますよね。妊娠初期はお腹がまだお腹が大きくないために、妊娠していることが分かりづらいのです。また、悪阻の程度は個人差があるので、経験したことがないと辛さは分からないのです。

例え経験したことがある人でも、その辛さを忘れてしまっていると「悪阻が辛いと怠けている」と捉えてしまうものなのです。悪阻の辛さはその時、その人にしか分からない…というやっかいなものです。

そこで「あの人も妊娠初期だけど、頑張って働いたり家事もしているよ」とか、「悪阻は病気じゃないんだから頑張って」と言われたりすると、ストレスが溜まりやすくなってしまうのです。悪阻が重い妊娠初期の妊婦さんに、「頑張れ」は禁句と言ってもよいかも知れませんね。

ストレスが赤ちゃんに与える影響とは?

「え?ストレスが溜まると赤ちゃんに影響するの?」と思われるかも知れませんが、ストレスは多少なりとも影響があるようです。

母体がストレスを感じると、お腹が張りやすくなります。お腹の張りが続くと、最悪の場合早産になってしまう可能性があるのです。また、母体が感じていることは赤ちゃんも感じていると聞きます。母体がイライラしている状態が続くと、赤ちゃんも何となく落ち着かないと感じると思います。

これを科学的に表現しますと、精神的なストレスは脳の視床下部にダイレクトに影響します。視床下部はホルモンの分泌を司る器官です。視床下部に影響が出てしまうと、ホルモンの分泌は抑えられてしまうのです。

結果、女性ホルモンなどの分泌が少なくなってしまい、胎児が思うように育つことが出来なかったり、出産に向けて母体の調子が整わなくなってしまう可能性があると考える専門家もいます。

妊娠初期は特にストレスが溜まりやすい時期です。愚痴を吐き出したり、好きなことをしたりする時間を持ったりして、ストレスを溜めない生活を心がけたいですね。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ