妊娠初期の睡眠時間!睡眠不足の場合は睡眠薬を服用してもいいの?

妊娠初期 睡眠時間

妊娠初期は体調の変化などで不眠になりやすくなってしまうものです。妊娠、出産による不安感や悪阻の辛さに加え、不眠になってしまうととても辛いですよね。ここでは、妊娠初期に不眠になってしまった場合、睡眠薬を服用しても良いのかまとめました。

スポンサーリンク

妊娠初期は中々眠れない!その原因は?

妊娠初期に不眠になってしまう人は結構いらっしゃいます。体調が悪い中、睡眠不足になるととても辛いですよね。妊娠初期の不眠の原因は色々あります。

まず、妊娠するとエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンをはじめ、胎児を育てるために、また母体は出産に備えるためにさまざまなホルモンが分泌され始めます。このホルモンの分泌が不眠の原因になることがあります。

また妊娠初期は、これまでになかった体調の変化に対して不安になったり、赤ちゃんがちゃんと育つのか、流産してしまわないか…など様々な不安がつきまとうものです。これらの精神的な不安定さから、寝つきが悪くなったり、夜中に何回も目が覚めたりしてしまうことで、不眠の原因になってしまうこともあるのです。

よく「眠れない時は無理に寝なくてもいい」とか「布団に入ってじっとしておけば睡眠をとっているのと同じような状態なので大丈夫」などと言われることがありますよね。しかし、眠れない状態が長く続くと「不眠」となり、心身ともに疲れやすくなってしまい、最悪の場合、うつ病などのきっかけになってしまうこともあるのです。

それでは、妊娠初期に不眠になってしまった場合、睡眠薬を服用しても良いのでしょうか?

妊娠初期の睡眠薬の服用は大丈夫?

妊娠初期に不眠になってしまった場合、まずはその旨を産婦人科医に相談しましょう。もし妊娠前に睡眠薬を服用していた人も、必ずその旨を医師に伝えるようにします。

妊娠初期は「絶対過敏期」といって、薬の影響を最も受けやすい時期なのです。ですので、もし妊娠前に睡眠薬を服用していた人でも、その薬は妊娠中でも服用してよいのか医師に指示を仰ぐようにされて下さいね。

実は、睡眠薬は色々な種類があります。妊娠初期でも服用しても問題のない睡眠薬(睡眠導入剤)は確かにあります。作用は比較的弱いのですが、お腹の赤ちゃんには影響がないと言われており、産婦人科でも処方されることがある薬です。「マイスリー」は、産婦人科でもよく処方される代表的な睡眠導入剤ですね。

もし、妊娠前に睡眠薬を服用していた人で、妊娠初期に服用すると危険な薬の場合は、薬の種類を変更されることがあります。作用は弱くなってしまいますが、お腹の赤ちゃんの影響を考えると、ある程度は我慢するしかないこともあります。実際、妊娠を機に、抗不安剤や抗うつ剤、睡眠薬などを断薬された人はたくさんいます。

しかし、薬を止めたり変更したりすることで症状が悪化してしまいますと、逆効果になることがあります。そのような人は、必ず産婦人科医に相談をするようにして下さいね。

関連記事:

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ